世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

奇妙な噂9

 民衆から離れた直後に、背筋が粟立つ薄気味悪さが襲ってきた。全身を視線で舐めまわされているような‥例えというには余りにも生々しい監視に吐き出しそうになった。

 ムートは確かに異様な気配を認めているのに。掴めない存在に心臓を不規則に操られているような気がして吐き気と表現するには異質過ぎる衝撃に全身が支配されそうになる。

 例えるならドッペルゲンガーが現れは消え、人格を変えて嘲り笑っているような‥
 柄に右手を悟られないように設置する。
 殺気を出さずに全神経を研ぎ澄ませる。
 やはり複数いるな。咄嗟にそう判断を下した。

 画用紙に水を垂らしたようにぼんやりと広がる異様な空気からくる吐き気を抑えた。
・・・・
 同じ気配なのに妙な感じだ。結局特定には至らないままスウーと消えてしまった。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く