世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

奇妙な噂7

「魔空様が復活したんだ!」

 帰り仕度を整えていた3人の兵士は、声の主へと一斉に振り返った。
 人混みの中から遠方でも鋭い叫びが認識できた。

 商店街の一角に人溜まりができており、40代くらいの青いターバンを巻いた白髪混じりの男性が手を大袈裟に振りながら訴えている。
 大柄で何処にいても存在が際立つ風貌で、周りの幾人かは演説に顔をしかめたり、戦(おのの)いたりと、どよめきが一層強まっていく。

 熱が、高まり収拾がつかなくなることを懸念しながら、いざという時に鎮められるように民衆の動きに細かく目を配る。

 盗賊達はこうも言っていたらしい。
 自分達は盗人なんかではなく全て守るべきものの為にやっている「聖者」だと。

 盗人狩りを行うだの、この世界を破壊させる気だから処するべきだの、錯乱した情報が張り巡らされ細胞分裂のように高速で拡散されていく。

 幸い暴動は起こらず、城に引き返すことにしたが、誰かが叫んだ「世界を破壊する」というワードが気掛かりだった。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く