世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

奇妙な噂5

 割れた陶器の欠片、うずくまっている人々‥      何より衝撃だったのが全部無かったのだ。

 人々の救護をすぐに部下2人に命じ、ムートは出血が酷い老人の手当てを始めた。
 重症は彼1人のようで、呻くように発せれた言葉によると荒らされた陶器屋の店主だという。          
                                       ・・・
 ほんの数秒で30人以上の盗賊が店ごと持ち去ってしまったという。
 にわかには信じがたいが、道は人でごった返しており、絶対に不可能とは言い切れない。

 情報の提供は有り難いが、怪我が悪化するので、安静を保つよう言い、落ち着かせた。

 しかし、余程憎いのか、許せぬ。と、盗賊への憎悪からくる言葉が、うわ言のように止めどなく繰り返される。

 しわがれた声にそぐわず、拳は固く握り締められており、筋肉がついているのが目視で確認できた。

 顔や特徴については残念ながら、有益な情報が得られなかった。
 重量感のある、 鈍い一撃をくらったらしく記憶する余裕も無かったという。
 
 
 可能性は低いがまだ近くに潜んでいるかも。
 推測だけで不安を煽るのは、過剰な混乱を招くので警戒するようにだけ告げ、もう1人の隊員と落ち合わせる為、来た道を引き返した。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く