世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

奇妙な噂2

 テント内部はほの白いランプが吊るされており、背を丸めた商人が一枚の和紙を凝視している。
 顔は無造作な黒紫の前髪で隠されており、微動だにしない。
 薄灰色の布で覆われている為、確信は持てないが、指先からして老いては無い。
 ゆったりと手招きをされ、流暢なフランス語で喋りかけてきた。
 ローゼ嬢が時折フランス語をお話される為、日常会話程度はできるようになっていた。

 言われた通りに手元を覗き込むと、和紙に見たことの無い記号が描かれており、お世辞にも上質とは言えない綿毛布の上で手をかざしている。

「西の竜巻に気を付けなさい。」
一言告げると、黙り込んでしまった。
 お代を払おうとすると遠慮されたがそういう訳にいかないので、ぴったりの金額を白い掌に乗せた。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く