世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

エーデル騎士団2【カール・ブラウン】

 訓練といえど気を抜いてはならない。何処で不測が起こるか判らないからだ。いや、最悪を常に想定内に留めておくのが兵士たるもの。
特に警備を預かっている者なら尚更だ。

「カール・ブラウン隊長!西方面異常無しにございます!」

「テイメオ・カロンご苦労。」
 右腕であり、最も覚えのある男に労いの言葉を投げ掛けた。
 年が2つ上だということもあり、彼から学ぶことも多い。

 後は団長に結果を報告するのみだ。
テイメオに持ち場を任し、我団長のもとへと向かった。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く