世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

エンゲル・ローゼ嬢2

 あのね!ムートとお話ししたいこと、たくさんあるんだよ。
 でもいつも皆のことを守ってて遊べないから少し寂しいかな。
 澄んだライトグリーンの御目は、黄金の繊細な睫毛に隠れてしまった。

「身に余るお言葉でございます。」
(ローゼ嬢‥遊びたいお年頃であろうに)
「私でございましたらお呼び頂いたらすぐ駆けつけます故、どうか御心を曇らせないでくださいませ。」

 ローゼ嬢のお話し相手も大事なお世話の内だ。
 つい時が経つのお忘れてしまう。誠に勝手ではあるが、この瞬間が何よりも心安らぐ至福だと感じる。

 国を守ることも、忠義を忘れたことも唯の一度たりとも無いが、何よりもこの御方の側に仕えたいと思ってしまう。

 お話しが弾み、嬢の興味深い空想やまだ見ぬ異境・魔物の話を聴きながら
(いつか私も外の世界を見てみたい!)
 そう幼子のような純粋無垢な衝動がほとばしった。


「次の任務があります故、私はこの辺りで失礼致します。」
右中指を掬い、鈍い光沢を持つワインレッドのダイヤに恭しく口付けをした。

ほんの一瞬、指先が赤らびたような気がした。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く