世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

エンゲル・ローゼ嬢1

 この時間帯ならお部屋に居られるだろう。朝方出向いたときには半分程スクランブルエッグを残されていた。
 8歳程度のお嬢様にはあれでも量が多かったのだろう。

 8歳程度というのは正確な年齢を聞かされていない為だ。
 国王直々の任務である故、明かせないことも多く詮索するのは野暮というものだろう。

 元から華奢なのにこれ以上食が細くなったら健康を害される。
 当人はいたって健康そのものにお見受けできるが、万が一の事があったらと城中のものは気が気でない。

 姿勢を正し、厳重でシンプルなホワイトの扉をノックする。

「エンゲル・ローゼ嬢、エーデル騎士団小隊長ムート・エーデルにございます。」
 厳かな声でお呼びすると、パタパタとルームシューズで駆け寄る音がした。

「ムート!」
 鍵が開き、勢いよく飛び出してきた。
 その衝撃で艶やかなブロンドヘアが幾本かハラハラと絨毯に舞い降りた。
 懐かれるのは嬉しく、優越感に浸ってしまいそうになるが、任務であることを肝に銘じる。
 お部屋を見渡すと、きちんと整頓されており、思いっきり褒めて差し上げたくなったが、そんな幼稚な事をと口を尖らせてしまわれるので、グッと堪えた。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く