世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

守る為の強さ1

 キンッ!鋼の鋭い音が空気を震わせ、全身に張り巡らされた神経を刺激する。
 五感を研ぎ澄まし、風の音、空気の微妙な振動の変化さえも逃さないように、気を張りつめなければいけない。
目だけは、しっかりと前を見据えて。
「はああッ!」

 数分‥いや、実際には数十秒の駆け引きの後に、最適な初動を決めた。
 強く地面を蹴って踏み出し、相手の手元を狙って付きを繰り出す。

 あまり大きく無い体躯を逆手に取り、得意の腰を落とした体勢から、ギリギリに張った弦から、弾ける矢のように勢いを加速させる。

(今度こそ、届く!)
そう確信したが、願い虚しく右腕の鈍い痛みと共に前のめりになった体躯は、容赦なく地面に叩き付けられた。

 粗い砂煙が立ち込め、目の前が一瞬にして霞む。
 唯一顔面を死守したが、体の前面が摩擦で痛いというより、熱い。

 反射的に息を止めるため、唇の両端に力を入れたが、酸素の流入経路が一つ塞がれ悲鳴をあげたのだろう。

 向かってくる粉塵が、思いっきり、鼻の穴から体内に突撃してきてしまった。
 思いっきりむせ込み、
「情けない自分を斬り殺してくれ!!」と叫びたくなったが、空気の循環が上手くいかず、生理的な涙が出てくるばかりだった。
 

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く