友達 へ

ノベルバユーザー235059

I miss you

お前はすごく人がよくて優しかった
それを利用されてるのを見て俺たちは笑っていたけど
心の中ではお前みたいに考えられることを羨ましがっていた
誰かに優しくしてもらった時、
誰かに優しく出来た時、
お前のことを思い出すよ
お前は俺たちの中に優しさの種を撒いた
俺たちはその優しさの種を咲かせまた誰かにそれを配るだろう
そうしていってお前みたいなヤツがこの世界に増えたらいいな、お前が居なくなってさみしいよ。

「友達 へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く