異世界で龍、始めました

橋本

出逢い

ある日、洞窟で寝ていた匠の耳に助けを呼ぶ声が聞こえてきた。その声がする方に行ってみると少年がグリーンキャタピラーと戦っていた。
少年は黒髪で165センチくらい、更に赤色の目をしていた。そしてなかなかのイケメンである。


〚助けはいるか?〛


わかってはいるのだが念の為匠は念和で確認した。


「誰かいるのか?頼む!手伝ってくれ!」


少年はそういった


匠がグリーンキャタピラーの背中にベビーブレスを浴びせ、グリーンキャタピラーの意識を自分の方に向けた途端、少年はグリーンキャタピラーを仕留めた。


「助かった。ありがとな。まさかベビードラゴンとはいえ竜に助けられるなんてな。」


という少年に匠は〚お前は俺を殺さないのか?〛と聞いた。


すると少年は「命の恩人を殺したりなんてしねーよ。俺はライド。よろしくな」と自己紹介までしてきた。


なのでこちらもよろしくと言っていると「ところでさ、命を助けてくれた例にあんたに名前をつけてもいいか?もちろん、主従関係は作らないようにする」と言い出した。


名前を付けてくれるのはありがたいが主従関係というのがなんのことがわからなかったので聞いてみると、なんと名付けをすると、魔物側は潜在能力が増し、名付けたものと主従関係が出来るそうだが、この主従関係は名付ける側の意思でできないようにすることも可能らしい。


なので許可するとライドは嬉しそうに
「ならあんたは今日からヴェノアだ!この名前はおれの国に伝わる伝説の中に登場する英雄の名前なんだぜ!」と言った。


そしてその後話している内に仲良くなり、今いるこの洞窟が始まりの洞窟と呼ばれる初心者向けダンジョンであるということも教えてもらった。


そして話を聞いているうちに街へ行きたくなり、ライドに行きたいというと最初は困っていたが、その後決めたみたいで、「ならまずは進化してくれ。ベビードラゴンは高級食材として高値で取引されるから、今のヴェノアを連れて行くわけには行かねえ」と言った。


なのでレベル上げに励み、一刻も早く進化して街に行ってやると決意するヴェノアであった。





「異世界で龍、始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く