異世界で龍、始めました

橋本

転生

(ん?ここどこだ?狭いな…)


 目が覚めると何処かわからないが狭いところにいた。


(俺は死んだんじゃなかったのか?取り敢えずここから出るか)


 あたりを叩いたりけったりして出ようとするとピシッという音とともに光が入ってきた。


(お、もう少しだ!)


 俺はそこをひたすら叩き続け、やっと外に出た。


(よっしゃー!外に出れたー!ってここどこだ?)


 そう、出たのはいいのだが、全くどこかわからない洞窟のような場所だったのだ。しかも何故か4足歩行になっている。


 しかも足は鉤爪のついた足だ。


 そこに漆黒の鱗がびっしりと生えていてまるでトカゲのようだった。


(まあまず人間ではなくなってるよな。ってことはこれはあれか?転生というやつなのか?ということはここは異世界なのか?)


 疑問が尽きないがとりあえず自分の姿を確認しようと水場を探していると、とてもきれいな水場を見つけた。


 そして覗いてみると、腕と同じ漆黒の鱗で覆われたどこか愛嬌のある1メートルくらいの龍が映っていた。日本のヘビのような龍ではなく、所謂西洋竜だ。


(やっぱりか…)


 薄々わかってはいたのだが、どうやら俺は死んで異世界に竜として転生したらしい。


 ここが異世界なら定番のがあるはずだ。


(ステータス!)


すると目の前に透明な板が現れた。触ろうとしてもすり抜けてしまう。


名前  名無し(タクミ ハシモト)


種族  レッサーベビードラゴン


レベル 1/5


HP  200/200


MP  10/10


攻撃  12


防御  25


魔攻  20


魔防  30


俊敏  10


運   50


危険度ランク G−


通常コモンスキル


希少レアスキル
鑑定レベル1
念話レベル1
全言語理解


固有ユニークスキル
????
称号
転生者 未熟児 可能性を秘めた者


加護
龍神の加護


(強いのか?これ。ってか鑑定って?)


 ステータスのスキルの所をタップすると説明が出てきた。


鑑定
色々なものを鑑定し、理解することができるスキル。レベルが上がると詳しくわかるようになる。


(なるほどー、これは異世界では定番だし便利そうだな。)


他のものもタップしてみると


念話
対象にこちらの意思を伝えるスキル。相手も念話のスキルを持っていないと会話はできずに一方的になる。
レベルが上がると意思をはっきりと伝えられるようになる


転生者
転生した者に与えられる称号
効果 スキル【全言語理解】を得る


未熟児
未熟なまま生まれてきた者に与えられる称号


可能性を秘めた者
莫大な可能性を秘めたものに与えられる称号
効果 進化先が増える


龍神の加護
龍神から与えられた加護。一部の龍しか持たない。
効果 進化したときにステータス補正 ???????????


(おー!龍神の加護とかこれめっちゃレアじゃん!まぁ?ばっかりのとこは気になるけど…てか俺未熟なまま生まれてきたのか!)


てか危険度ランクってなんだ?


鑑定してみるとどうやら魔物の危険度を表すという文字そのままな意味らしく、EXからGまであり、EX以外のSSSからGまでは−と+がそれぞれあるらしい。


一通り確認して満足していると、横穴から大きな芋虫が出てきた。


(何だあれ!?気持ち悪っ!とりあえず、【鑑定】!)


グリーンキャタピラー 危険度ランクG+
湿気の多いところを好む魔物。芋虫のように見えるが、実際は石を食べているため、洞窟でよく見かける。


(魔物?とりあえず倒してみるか…って襲ってきた!)


グリーンキャタピラーが俺に気づくと、見た目に似合わぬかなりのスピードで襲ってきた。とりあえず爪で攻撃するが、あまり深くは傷付かない。


(どうするか…うん?そういえばこいつは水中では息ができないんじゃないか?やってみるか…)


 とりあえずひたすら水際に寄せて寄せて、ギリギリで避けてそのまま後ろから体当たりをして水に落とした。


するともがいていたがすぐに動かなくなった。


【ピローン♪経験値を得ました。レベルが5に上がりました。進化が可能になりました。)


ん?もうレベルが上がった?てか進化ってどうやるんだ?


(ステータス!)




名前  名無し(タクミ ハシモト)


種族  レッサーベビードラゴン


レベル 5/5(進化可能)


HP  250/250


MP  20/20


攻撃  20


防御  30


魔攻  25


魔防  35


俊敏  10


運   50


危険度ランク G−


通常コモンスキル


希少レアスキル
鑑定レベル1
念話レベル1
全言語理解


固有ユニークスキル
????
称号
転生者 未熟児 可能性を秘めた者


加護
龍神の加護

「異世界で龍、始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く