女神と一緒に異世界転移〜不死身の体と聖剣はおまけです〜

子供の子

第43話 唯一人の王

 それ・・に気付けたのは、奇跡だったとしか言いようがない。
 たまたま向いた方向に、たまたまそいつがいた。


 金髪長身の男のエルフ。
 巨大な――長大な弓をその手に持っている。


 ゆっくりとした動作で弓を引き――射った。


 その目標は。目的は、パルメだ。
 城の一番上。一番分かりやすく、一番的になりやすい場所に立っている竜王だ。


 普通なら届くはずのない距離だ。
 それでも届くと直感し、放っておけばパルメは死ぬと確信できた。


 咄嗟に射線上に身を割り込ませる。


「ユウト――!?」


 パルメの驚きと戸惑いの混じった声が聞こえる。
 のとほぼ同時に、俺の体に矢が突き刺さった。


「ぐ――」


 両手で掴もうとするが、俺の握力を持ってしてもその矢は止まらなかった。俺の体を貫き、パルメへ迫る。ガァン、と凄まじい衝突音が響いた。
 竜王の殻――だったか。


 そいつが、パルメを守った。
 殻にひびが入っている。


 俺が飛び出した意味もゼロじゃなかったという事か。


 ちなみに俺の傷は既に完治している。矢が体を貫いていった程度じゃあ死なない。


 パルメは無事。矢を射った奴は――


 いなくなっている、な。


「ユウト!! 大丈夫なのか!?」
「平気だ。心配すんな」


 とんとんと矢が貫通した部分を叩きながら言う。


「……そんな事より、エルフ達の動きが早くなってるな」


 四方から迫るエルフ達が、それぞれ一人のエルフを筆頭に脚を早めていた。
 馬に乗っていないだけマシというものか。


 ……どうするかな。


「……あたしが北側を一人でやる。後は――」
「なら俺は東を一人でやろう」
「なら、私は西ですかね」
「ボクは一人でってのは無理だよ。残りで南をやる形になるのかな」


 セレンさんは……心配する必要もないか。
 各自エルフ2万~3万人ずつ、ってくらいか?


 竜の海には三万人の竜人がいるらしいから、南に三万も割ければ余裕だろう。
 問題は俺が一人でやれるかってことだが……やると言ったからにはやるしかないな。


「お前ら……。よし分かった。任せる!! 信じるぞ!!」


 任せろ。
 信じて待ってな。

















「とは言ったものの、実際目の前にすると圧巻だなぁおい」


 遠くの方では爆発音が鳴り響いている。
 セレンさんやパルム達が戦闘を始めたのだろう。


 俺の方ももうすぐだ。


 一番先頭にいたエルフが俺に気付いたようだが、たかが一人と見たのか、特に何かしてくる様子はない。舐められたものだ。


 出来ればそのまま舐めててくれ。


 その方がやりやすい。


 聖剣を構える。
 あの超必を撃てば3万人のうちの何千人かは一発でやれるだろうが、その後がきついんだよな。


 あれは奥の手だ。
 まずは3万人を倒す算段より、足止めする事を考えないとな。


 先頭の奴を倒せば止まってくれるだろうか。


「……やるか」


 呟き、一歩目を踏み切る。
 直後には、先頭を走っていたエルフを斬っていた。


「さぁこいエルフ共。俺が相手だ!!」


 たった今倒した奴が持っていた剣を持ち、叫ぶ。
 群がってくるエルフ達を斬り捨てながら、先へ進もうとする奴の元へ跳んでいって、飛んでいって止める。
 避ける事も防御する事も考えてなんてられない。


 精々、聖剣を持った右腕が吹き飛ばされないようにするくらいだ。
 これを失うと弱体化しちゃうからな。
 そう考えると影にしまった方が良いのだろうか。でも、普通の剣だと数人斬ったところで切れ味が著しく落ちるんだよな。


 とりあえずこのままで良いか。




「押し固めろ!! こいつを止めろおおお!!」




 誰かが叫んだ。
 そっちから群がってきてくれるなら好都合だぜ。


 舐めんな――


「――おおおらあああああ!!」


 物量で押しつぶそうとしてきたエルフ達を、力ずくで跳ね除ける。
 戦国無双でもしている気分だ。


 人が。人の命が。
 ゴミのように吐き捨てられる。掃いて捨てられる。


「あああああああああ!!」


 叫ぶ。
 叫んで、気勢を下げまいとする。


 怯むな。
 動け、動け、前へ進め。
 誰も前へ進ませるな。


 止めろ。
 食い止めろ――!!


 血術がどんどん研ぎ澄まされて行く。
 聖剣から得られる力がどんどん増えて行く。


 一撃が百人単位を葬る。
 衝撃波に掠りでもすればそれだけでエルフの体は抉れる。


 吸血鬼や竜人に比べればかなり脆い。
 魔法か何かでエンチャントしているのか、稀にしぶとい奴がいるくらいだ。


 ここから先へは進まない。
 進もうとするなら止める。


「――はぁっ」


 大きく息を吐く。
 一息つく。
 その瞬間に、無数の槍や剣が体に突き立てられる。


 痛みを感じる前に、纏わりついてくる奴らを弾き飛ばす。
 俺を無視して進もうとする奴の影を引き千切る。影に攻撃することも出来るようだ。


 そろそろ半分くらいは行ったか? 全然か?
 数が全然分からない。
 遠目で見てる分には分かりやすかったのにな。


 滅茶苦茶多いって。
 中に入ってしまえば、目の前にいる奴のついでに周りも吹き飛ばすくらいだ。


 聖剣を振るう衝撃で何人か斬る事も出来るようになった。
 あの超必とはまた違った感じだ。純粋に空気圧で斬れてる感じ。




「――あ、悪魔だ」




 誰かがそう呟いた。
 ように聞こえた。


 或いは俺自身がそう自分で思ったのかもしれない。
 悪魔か。


 悪い魔、か。


 魔神と戦っているはずなのに、皮肉なものだ。


 影を棘のような形にして、辺り一帯を地面から突き刺す。




「貴様は、吸血鬼の王か?」


 気が付くと、立っている者はほとんどいなくなっていた。
 そして、少し離れたところに見覚えのある顔があった。


 パルメを射った奴だ。


「……違う。冒険者だ」
「そうか。残念だ。ここで吸血鬼の王も一緒に殺せれば一石二鳥だったのだがな」


 この男、さっき見た時は弓を持っていたはずなのだが。
 今は持っておらず、代わりに見栄えの良い剣を持っていた。


 ……剣と剣か。
 得意じゃないんだよな、剣術は。


「我は光のハイエルフと呼ばれている。冒険者よ、行くぞ」
「――来い」


 ギィン、と甲高い金属音が鳴った。
 剣と剣がぶつかり合い、弾き合う。
 右から攻めて。左から攻めて。突いて。


 全て防がれ、返ってくる。
 それを躱し、防ぎ、受ける。
 こっちは受けても死なないからな。


 随分と有利な戦いもあったもんだ。


「気付いていないのか」
「……あ?」
「貴様、先ほどから受けた傷が回復していないぞ。不死力が尽きたのだ」
「――――」


 言われて、気が付いた。
 左腕はだらりと千切れかかって。腹には深い刺し傷があり。脚は引きずる他ない程損傷していた。


「……貴様はもう終わりだ。我が同胞を何万も葬った貴様を生かしておく理由もない。ここで死んでもらう」
「……死なねぇよ、俺は」


 女神様お墨付きだからな。
 治る。
 治って、行く。


「……なるほど。我々は貴様のような輩を化け物と呼ぶのだが、吸血鬼の中ではなんと呼ばれているのだ?」
「さぁな」


 化け物、て呼ばれるんじゃねぇかな。




「いいや。余は『友達』と呼ぶぞ」




 俺の目の前まで迫っていた剣が、止まった。
 止められた。


「よく堪えた。遅くなってすまないな」


 吸血鬼の中で。


 ただ一人、王と呼ばれるそいつは。
 牙を見せて、嗤った。

「女神と一緒に異世界転移〜不死身の体と聖剣はおまけです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く