天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第40話 忍び寄る影

*あれからしばらくしてマガンとカリンは大量のオークとオーク達が狩っていた獲物を魔法収納に入れて森を進んでいた。

「よかったね。お兄さん。オーク達が私達が探してた魔物を大量に狩ってくれてて」
「ああ。ホーンラビットとハングリーベアー、あとブラックバッファローだっけか」
「うん。あとはツルギマスを捕まえたら終わりだよ」
「よし!じゃあ早く終わらしてカエデさんに持って行こう!」
「おー!」

こうしてマガンとカリンはさらに奥に進むのだった。

*しばらく進むと大きな湖を見つけた。

「ここでツルギマスを捕まえるんだよ」
「へぇ〜。綺麗な湖だな。水が澄んでる」

見ると魚の魚影が見えるくらい澄みきった水だった。

「んでどうやってツルギマスを捕まえるんだ?」
「ツルギマスは頭の先が剣みたいに尖って鋭いから手じゃ危ないんだ。だから一匹一匹手掴みで捕まえないと」

そう言いながらカリンは背負っていたリュックを下ろして中から組み立て式の釣竿を取り出して組み立て始める。

「待て、カリン」
「?どうしたの。お兄さん」

組み立てを止められて不思議な顔をするカリンを横目で見ながらマガンは湖の方に手を伸ばす。

「釣ってちゃ効率悪いからな。ちょっと待ってて」

そう言いながらマガンはスキルを発動させる。

「【ハリケーン】」

マガンがスキルを発動させると湖の中央が螺旋状に持ち上がり、水が中にいた魚が吹き飛ばされてマガン達の方に降ってきた。それを見たマガンは違うスキルを発動させる。

「【浮遊エアル】」

マガンがそう唱えると降ってきた魚達がぴたっと空中で止まる。カリンはその光景を見てはしゃいでいる。

「わーい!魚の雨だー!」

はしゃぐカリンを見ながらマガンは降ってきた魚達を回収する。全て回収すると再び【ハリケーン】と【浮遊エアル】のスキルを使い魚を捕まえる。それを三回ほど繰り返すとツルギマスは頼まれた数ぶんすぐに集まり、カリンは捕まえた魚を見て嬉しそうにマガンと笑うのであった。そしてそんな彼らを遠くの木々の間からじっと見つめる影にマガン達はまだ気づかなかった。





「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く