天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第38話 オークの群れ

*爆発音がした場所は木が余りないかなり開けた場所だった。どうやら何かが戦っているらしく先程と同じく爆発音が辺りに響いている。マガンはカリンを側に寄せ、自分とカリンにスキル【気配完全遮断】を使い茂みに隠れながら開けた場所で戦っているもの達を見る。

「グオオオオオ!!」
「突撃!!!」
「「「ウオオー!!!」」」

マガンとカリンの目の前では黒い巨大な熊と鎧などで武装した豚頭の人の形をした魔物が戦っていた。

「お、やってるな。」
「うわぁ…すごい…。」

目の前で繰り広げられている戦闘を見入っているカリンにマガンが声をかける。

「なぁ、あの豚の頭の魔物がオークだよな?」
「そうだよ。それであのオーク達が戦ってるのがハングリーベアーだよ。」
「ふむふむ。」

カリンの説明を聞きながら戦っているオーク達と黒い熊を『神眼』で見る。

【ハングリーベアー】
R級
マカルル山に生息する熊。好奇心が強く食欲旺盛で大抵のものならなんでも食べる。

【オークアーミー】
R級
武装したオークの集団。一匹一匹が武器の扱いに長けており、集団戦法で高い戦闘能力を持つ。

「ほほう、なるほどなるほど…ん?」

『神眼』でオークアーミーとハングリーベアーを見ていたマガンは一つの疑問を持つ。

「オークアーミーって魔法使えたっけ?」
「え、オークって魔法使えないの?」
「ん〜…俺の知る限りではあいつらあんまり魔法使えないはずだったんだけど…。」

そう言いながらマガンはオークアーミー達を見ると武装したオークの後ろに守られるようにしている黒いローブをまとったオークを見つけた。マガンはそのオークを『神眼』で見る。

【オークキャスター】
SR級
オークの中から稀に生まれる個体【オークマジシャン】が進化したもの。高い魔法適性があり、一匹いるだけでも危険な存在である。

「オークキャスター…あいつが魔法撃ってたのか。」

マガンがそんなことを言っていると、オークキャスターが両手をかざし魔法を唱えて、攻撃しようとしていた。

「【エクスプロージョン】!」

オークキャスターが魔法を発動させるとハングリーベアーの足元に魔法陣が浮かび上がり、光を放ち始める。そして、一気に光が爆ぜた。

ドゴオォォォン!
「グオオオオオ!」

雄叫びをあげたハングリーベアーが地面に落ちる。その瞬間オークアーミー達が歓喜の雄叫びをあげた。

「…あいつらの獲物、あいつらごと横取りしようか。」
「え?」

そんなオークアーミー達を見ていたマガンはそんなことを言いながら黒い笑みを浮かべた。

「…お兄さん。出来るの?」
「…楽勝だな。」

そう言ってマガンは『転移』を発動させて喜ぶオークアーミー達の後ろに転移した。




「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く