天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第23話 異世界露天風呂

*マガンは今、カリンからもらったバスタオルと洗剤、そして着替えを持って二階にある露天風呂の入り口に来ていた。

「まさか露天風呂があるなんてな。
楽しみだな〜」

そう言いながらマガンは入り口の引き戸を開けて中に入る。中は脱衣所になっており、その奥にある扉から露天風呂に行けるようになっていた。マガンは服を脱ぎ扉の前まで行くが、扉の近くにあった大きな鏡の前でふと足を止める。

「うわぁ、俺の体すごいな。おい」

そう言いながらマガンは鏡に映る自分の体をまじまじと見る。無駄な贅肉が一切ない引き締まった体は、痩せすぎず、しかし無駄な筋肉がついて盛り上がっているわけでもない。俗に言う細マッチョだった。

「前の世界でも太ってはなかったけど…ここまですごくはなかったな」

そう言いながらマガンは扉を開けて露天風呂へと入っていく。

*「おおー!広いな!」

扉を開けて中に入ったマガンは、思わずそう叫ぶ。露天風呂はとにかく広かった。多分前の世界でもここまで立派な露天風呂はそうなかっただろう。そう思うほどに大きかった。体を先に洗い、早速湯に浸かる。

「ああ〜。やっぱり俺って日本人だなぁ〜」

湯に浸かったマガンは自分一人しかいないのをいいことに、腑抜けただらしない声を出していた。下の二人に聞こえていたとも知らずに。


















「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く