天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第22話 姉妹との食事3

*「なるほど…マガンさんの世界はそんな感じなんですか…」
「勉強になるね〜」

マガンから話を聞いた二人はうんうんと頷きながら感想を述べていた。

「それでマガンさんは『げぇむ』で使っていた装備を持ってこの世界に来てしまったと」
「まぁ、そうだな。信じるのか?俺たちの世界では笑われそうな話だけど」
「まあね。お兄さんの世界とは違うから。それにお兄さんは私達の命の恩人だよ?笑うわけないじゃん」
「そうか。ありがとな」

そう言って笑うカリンの頭をマガンは撫でる。

「えへへ。お兄さんもっと撫でて」
「はいよ」
「ふふ。二人とも仲が良いですね」

二人のやり取りをどこか寂しそうに見るカエデをカリンは見逃さなかった。

「お姉ちゃんもお兄さんに撫でてもらう?」
「え?」

カリンの突然の発言に顔を真っ赤にして答えるカエデ。

「…撫でようか?」
「え、あ、あの、その…お願いします…」

恥ずかしさからか次第に声が小さくなっていくカエデの頭をマガンは余った手で撫でる。

「はぅぅ…」

マガンに撫でられたカエデはその気持ち良さと恥ずかしさからか顔を真っ赤にして耳をパタパタさせる。
その光景を見ながらマガンは一人満足気な笑みを浮かべるのだった。

*「うう…マガンさんありがとうございました…」
「お兄さんありがとう!」

しばらくマガンに撫でられた二人はそれぞれに礼を言いながらマガンと自分達の食器を片付けていく。

「あ、俺も手伝うよ」
「大丈夫ですよ。マガンさんに手伝ってもらうなんてそんな…」
「それよりお兄さん!先に二階のお風呂に入って来たらどう?ここのお風呂って露天風呂なんだよ!」

そう言いながらカリンはマガンにバスタオルと洗剤を手渡す。

「露天風呂か…そうだな。着替え取りに行ったら行くか」

カリンからバスタオルと洗剤を渡されたマガンは階段を上がっていく。
そんなマガンの後ろ姿を見ながらカリンは未だ顔を真っ赤にしている姉にため息をついた。

「お姉ちゃん。まだ顔真っ赤だよ」
「えっ?そ、そう?」

妹にそう言われ更に顔を真っ赤にして耳をパタパタさせる姉にカリンは問いかける。

「お兄さん、良い人だったでしょ」
「う、うん。そうね。で、でも、いきなりどうしたの?」
「だって、お兄さんに頭撫でてもらってる時、お姉ちゃんすごく嬉しそうだったから」
「!?」

カリンにそう言われ、さらにマガンを深く意識してしまうのだった。











「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く