天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第10話 マガン武器屋に行く

*あれからマガンは色々な屋台に行き色々なものを買い食いした。そしてわかったことが3つ、それはこの世界の物価が元いた国に比べて異常に安いことと、どうやらこの世界にはゲームと同じようにモンスターがいること。そしてモンスターの討伐などの様々な依頼を仕事としてこなす『冒険者』という職業があることだった。

(モンスターの肉や素材を使った商品…そして物価の異常な安さ…う〜ん…この世界最高だな)

何より、今ある自分の能力をフルに活用出来る仕事があるのにマガンは喜んだ。沢山ある金貨も使えばはそのうち無くなる。だが、金が稼げればその心配は無くなる。何より、『モンスターの討伐』という仕事にマガンは興味を引かれた。

(もうちょっとこの世界についての情報を集めたら、冒険者になってみるのも悪く無いかな)

マガンは自分のこの世界での生活を想像しながら一人にやけるのだった。

*しばらく街を歩くとマガンは『武器・防具屋 バイス・ホッケス亭』と書いた看板をぶら下げた店を見つけた。

「武器屋か。ちょっと寄ってみるか」

店の扉を開けると、中は色々な格好をした人で賑わっており、壁や棚には様々な種類の武器が置いてあった。

(ロングソードにナイフ、弓矢に槍、そして杖か…盾や刀、あと投擲武器、お、防具なんかも売ってるんだな…)

さらに店の奥に行くと貴重な装備があるらしく、高そうな装備がガラスのケースの中に展示してあった。そんな中マガンは店の真ん中にあるガラスケースの中にある一振りの刀に目がいった。

「綺麗だ…」

ガラスケースの青色の鞘の刀の刃は店のライトに照らされて濡れたように美しく輝いていた。マガンは「神眼」で刀の詳細を見た。

【妖刀座美丸ざびまる
LR級
どんな物を切っても刃が欠けることの無い刀。その刃の輝きははあらゆるものの心を魅了する。

攻撃力+180000
防御力+45000
俊敏性+620000
魔力 +74000


【スキル】
・この武器で攻撃した対象をかなりの高確率で魅了する。(人型系のみ)
・斬撃系のスキルの効果上昇(特大)
・完全再生
・破壊不可

(この世界に来て初めて見たLR級の武器か…。あれ?でもこれって…)

刀の詳細を確認したマガンは刀の値札を見て首を傾げた。

(店の奥にある装備の値段は50000 ルアなのに…この刀は15ルアだ。なんで値段がこんなに安いんだ?)

マガンは店の奥にある装備を「神眼」で詳細を確認するが、どれもSR級やSSR級の装備でLR級の装備はこの刀だけだった。不思議に思ったマガンは店の店主に声をかけた。

「あのーすいません。あの刀ってなんであんなに安いんですか?」
「お兄ちゃん…アンタ、あの刀に目を付けたのかい?悪いことは言わない。やめた方が良いよ」
「なんでだ?あんなに綺麗な刀なのに…」
「綺麗な刀か…。お兄ちゃんさては知らねえな。血に濡れた座美丸の話を…」

そう言って店の店主は渋々座美丸について語り出した。












「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く