天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第4話 空中徒歩

*マガンは今、空を飛んでいる。正確に言うと空を歩いていた。スキル「漆黒斬カーススラッシュ」を使った後、マガンはほかのスキルを試した。2時間ほど色々試して、だいたいのスキルが使えるのがわかったマガンは次にスキル「空中徒歩」を使っていた。ゲーム内では空中戦以外使わなかったスキルだがいざ使ってみると、なかなか快適だった。

「うーん、風が気持ちいいなあ♪」

マガンはそのままどんどん東に歩いていった。

下の景色はしばらく森ばかりだったが、歩いていくと開けた草原に出た。マガンは下の景色を見ながら空を歩いていく。すると、森をこえたあたりからすぐの場所に人がチラホラ集まっているのが見えた。

「おっ!やっと人を見つけた!」

少しずつ降下しながら集まっている場所に近づいていくとなにか様子がおかしい。何かでもめているようだった。何かあるなと思ったマガンは魔法収納からデアビル・ホープを出すと人が集まっている場所に近づいていくのだった。











「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く