天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第1話 寝落ちで異世界転生

*「ふぁ〜あ…よく寝た。…あれ?」

 一人の少年が目を覚ました。森の真ん中で。よく寝ていたらしく、寝起きは良かったようだ。

「ここどこだ?確か俺は…家で寝てたはず…」

少年は目をこすりながらあたりを見渡す。周りは森で周りは木がたくさんある。空を見上げてみると、太陽が優しく輝いていた。次に自分の体を見てみる。感覚でだいたいわかるのだが、紫と黒の色をした鎧を着ているらしい。ついさっきまで自宅で寝ていたはずなのに目を覚ますと、全く知らない森の中で、鎧を着て倒れている。少年はこれが俗に言う異世界転生だということにやっと気づいた。

「へえー、あるものなんだな。異世界転生って」

そして、少年は立ち上がるとそのまま周辺を散策してみた。途中、川があったので水を飲むついでに自分の体を改めて確認してみた。どうやら今の自分は長髪らしく、髪は白く、腰あたりまで伸びていた。体は、禍々しい感じのする体の線にそったフルプレートアーマーに身を包んでおり、暗い青色の先がボロボロになったマントをつけていた。頭には鎧と同じ色のサークレット。顔は整っていたが、目は真紅のような赤色で目つきは鋭い。多分、チラリと見たら、子供くらいは怯えて逃げてしまうのではないのだろうか。ただ、こちらの世界に来る前の自分よりは圧倒的に良い。そんな自分の姿に少年は見覚えがあった。

「あれ?この格好って確か、アルテマスオンラインの俺の格好じゃ…」

そう思ってもう一度昨日の自分の行動を振り返ってみる。昨日は家に帰ってからはずっとアルテマスオンラインをしていた。だが、それ以外の記憶がない。よーく思い出してみると…

「あぁ、そうか。俺、ゲームやりながら寝落ちしてたんだわ」

自分が最後に何をしていたか気づくと、一人少年は自分の体をさらに調べ始めた。









「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • マシュまろ

    読んでいただきありがとうございます!
    少しずつ描いていくつもりなので応援よろしくお願いします!

    2
  • 如月 薊

    順応力高www

    応援してます!

    これからもお互い頑張りましょう!

    あともし宜しければ僕の作品もよろしくお願いします!

    1
コメントを書く