最弱無敵のエンドフォース -絶望からの成り上がり-

ワールド

第34話 出会いと破壊

 口元を手で拭いながら。
 優は倒壊した民家の家に立っていた。
 乱れた服装を気にも留めず。異臭を感じ血に塗れた周りを見ていた。
 どれだけガリウスを狩ろうと。数は減るが、その出現は収まらない。
 キリがないこの状況に。優は冷静を装っているが、いつ崩れても可笑しくはない。

 いや、もう優は限界は迎えていた。ここまで、生きている事が奇跡だと自覚している。
 体力もエンドも底を尽きそうになっている。
 シュバルツの供給量も少なくなり、彼もまた疲れ果てている。

 お互いに満身創痍。特に、優は致命的な欠陥が体に生じていた。
 既に、シュバルツのエンドによって作成された左腕。
 それが、形を保てなくなってしまう。片手のまま何とか対応していたが、やはり反応も遅れる。

『不味いな、このままだと……』

「うん、確実に俺は殺されるな」

 サーニャと別れた後。優は、出現しているガリウスを倒しながら。
 少女の母親とララを探していた。だが、探索は困難。フライヤの毒の粉を避けながら。
 自分の事で精一杯である。それぐらいに、切羽詰まっている。
 元々、シュバルツの助けもあってのこの強さ。基礎能力は確かに、昔よりは強くなった。戦い方や度胸も成長した。

 だが、エンド量は決して多くない。今まで、効率よく無駄なくエンドを使用してきたつもりだった。

 少女に良い恰好を見せようと。飛び出したのはいいが、この様である。
 追い込むつもりが、追い込まれている。
 優は失った左腕を見ながら。そう言えば、元々この原因を作ったのはかつての幼馴染。

 何をしているのか。彼女はちゃんと生きているだろうか。優は、赤い空を見上げながらそう思う。

 左腕まで犠牲にして守った彼女。本来なら、自分の隣で支える存在。
 いや、そうと決めつけるのは良くないのか。
 優は真剣な表情で。ふと、楓との出会いを振り返ってみた。

 幼稚園の頃。初めて、彼女と出会う。初見で見た時。優はあまり意識してなかった。
 他の子より、明るく、少し可愛いと思った。それぐらいの印象だった。
 性格も正反対な為か。優も関わる事はない人種だと思い込んだ。

 そして、運命の日は訪れる。幼稚園児なら外で遊ぶ場合がほとんどだろう。

 しかし、この少年。優は他の子と絡まずに。教室内で絵本を読んでいるだけだった。

 理由は色々ある。虚弱体質というのは幼いながら理解していた。
 何をやるにしても周りに迷惑がかかる。
 外で遊ぶにしたって、運動能力の低い優は周りに付いて行くのも困難。
 駆けずり回る他の子を窓から見ながら。誰にも邪魔されず本を読み漁る。

 羨ましいと感じながらも。他人に迷惑をかけるぐらいなら。ここで、こうしてた方がマシだと。
 幼き日の本能が優を抑え付けていた。いや、過去の出来事が優をそうさせているのだろう。

「えぇ、笹森いれると勝てないし」

「ちぇ! 笹森と同じグループかよ負けたな」

「笹森余ってるからどっちにいれるかじゃんけんで決めようぜ」

 いつもこんな扱いをされる。優は、気が付けば他者との交流を拒んでいた。
 まだ、幼稚園児なのに。先生から遊ぼうと言われても断り続けてきた。
 絵本を読み終えて暇になる。この時間だけは楽しい世界に行けるのに。

 優は椅子にもたれかかって呆然としている時だった。

「ねぇ、きみもあそぼうよ!」

 それが夏目楓との最初の出会いだった。
 印象通り。近くで見るとその可愛さが分かる。
 自分と違って瞳がキラキラしており、笑顔が絶えない女の子。
 褐色の手をこちらに差し出しながら。初めて話す優にも分け隔てなく遊びに誘って来た。

 しかし、優は楓の顔を見てすぐに逸らす。

 やめて欲しい。そう、強く願った。この子は自分の体質を知らない。
 だからこんな無神経な事を言えるのだと。

 でも、楓は諦めない。すると、椅子を隣に持ってくる楓。

 この子が何をしようと、何を考えているのか。優は困惑する。
 だが、楓は一緒に持って来た本を机に置く。
 そして、元気な声で優にこんな質問をする。

「このえほんってたのしい?」

「わかんないよ」

「なんで、いっつもよんでるのに」

「いつも、そとであそんでいるきみに、このえほんのおもしろさはわからないよ」

 いや、優にはこの本が面白いという事がよく分かっていた。
 しかし、もし面白くないとこの子が言ったら。
 きっと愛想をつかれるだろう。また、一人になってしまう。
 それで嫌われるんだったら。このまま赤の他人でいい。

 だが、ムスッとした表情で。頬を膨らませながら。
 楓は強引に絵本を開く。そして、優に寄り添う。
 こうしないと絵本が二人で読めない。優は密着してくる楓に嫌悪感を抱く。

 しかし、対照的に楓はとても興味津々で。絵本を見ていた。

「じゃあさ、いっしょにみよ、ひとりじゃおもしろくないけど、ふたりならおもしろいかも」

「なんで? そうおもうの?」

「うーん、だってみんなといっしょにいたほうがたのしいじゃない」

「ぼくといてもたのしくないよ」

「それはあたしがきめること! そういうのはよくないよ」

 結局、半ば強制的に。優はこの夏目楓という少女と本を読まされる。
 最初は何気ない出来事だと。そう思った優。
 しかし、この日から。少しずつ優は拒んでいた人との関りを持つようになる。

 少女は次の日も。優と一緒に本を読む。笑顔がなかった優も楓と一緒の時間は自然と笑みが零れた。

 二人で共有する時間がこれだけ心地いいものだと。優は、彼女とならやっていける。
 それを思ったら滝のように。時間が過ぎて行った。

 幼稚園を卒園してから。小学校の低学年を過ぎたある日。

 成長した二人。クラスが同じになった高学五年生。
 この頃。楓にはたくさんの友達がいた。にも、関わらず優と下校時も一緒に帰っていた。

 虚弱体質というのもあるが、楓にとって優と帰る事が一つの楽しみとなっていた。
 他の子と比べて。気を遣わずに、居られる関係。
 何気ない事を話しながら。楓は無言の優に話題を振り続ける。
 しかし、優には最近の楓は無理しているように思えた。

 ――――目の下に涙の痕がある。腫れている。他の人は気が付かなくても優には分かる。

 楓は以外にもこの頃は泣き虫であった。恥ずかしながら優の前で泣く場面もあった。
 ただ、今回のように。気分を上げて、無理やり健気さを見せようと振る舞う。
 そんな姿もあった。優は立ち止まり、楓の方をジト目で見る。

「無理してるでしょ、楓」

「え、いや……なんで?」

「何があったかは分からないけど、僕に相談出来ることはしてよ、何か力になれるかも」

 小学生ながら。優は人の気持ちや感情に敏感になっていた。
 まるで見透かされているように。
 楓は渇いた笑いを浮かべながら。片目を手で抑えて。涙が溢れてくる。
 優は何も言わずただ言葉を待っていた。

「優には、分かっちゃうのね」

「うん、分かる」

「今日ね、お姉ちゃんが亡くなったの」

「……そうなんだ」

 楓には二歳上の姉がいた。優も楓の内に行った時に。何度か、見たことがあり挨拶をした事もある。
 彼女と同じぐらい。魅力的で笑顔が素敵な人だったと記憶している。
 だが、顔色が悪かったとも認識している。青ざめており、そうかと優は理解する。あれが、楓の姉の苦しんでいる理由。
 恐らく、自分が最後に見た時にはもう……優は、自分にも当てはめて考え込む。

 楓がこんなにも感情を爆発して。泣く事はない。それぐらいに、彼女にとって姉の存在は支えになっていたのだろう。

 ただ、優は顔全体を赤くして号泣してしまう楓に。
 頭の上に優しく手を置く。
 自分だって分かる。少し違うが、父親も不慮の事故で亡くなった。自分は目の前で父親の死去が見れなかった。
 姉の亡くなる所を看病出来ただけ。優にとって羨ましい。そして、こんな言葉を投げかける。

「泣かないでよ、そんな楓を僕は見たくないよ」

「うぐ、ぐす! 優?」

「僕だって父さんが亡くなった時に楓と出会って救われた、だから今度は僕が楓を……救う場面なのかな」

「……」

 優は至って本気だった。しかし、当の本人の楓は思わず笑う。
 無邪気なその笑いに優は少し顔を赤らめる。
 考えれば物凄い恥ずかしい事を言った気がした。読んだ本に出てくる主人公のように。
 笑いが止まらない楓に優は釘を刺す。

「笑い過ぎだよ、僕は真剣に」

「だって! だってさ……でも、ありがとう、何か元気が出たよ」

 楓は泣き止んで、再び笑みを見せる。
 今度は自然の笑顔。作り笑いではない。
 優をそれを見て、つられるように微笑みを見せる。
 そして、優に背を向けながら。表情を察しられないように。

「優は……私の前からいなくならないでね、それから……【ずっと私を一番大切な人】として見ててね」

 その時。優は、そんな事を当たり前だと。そう思っていた。
 この意味深な楓の発言。姉の死亡。

 優は現在の自分の境遇と重ねる。
 拳に力を込めて。あれだけ時間を共にしたのに。この仕打ち。
 ただ、優には楓に会って話をしなければ。そして、この手で殺さなければいけない。
 これは復讐であり使命。

 ――――こんな所で立ち止まり、逃げていては。最大の目的の二人にも。
 残りのクラスメイトにも辿り着けない。そして、自分を救ってくれた人に恩を返すためにも。

「ここから逃げる訳にはいかないよ」

『……そうか、お前がそう決めたんなら止めはしない、だが、勝算はあるのか?』

 意気込みは十分。ただ、シュバルツの言うように。何も情報がない以上。
 このまま戦い続けて向かった所で意味はない。
 優は考え込む。これだけのガリウスが未だに発生している。そうなると、エンドの消費も相当なはず。
 過去にシュバルツが言っていた。大量のエンドを供給しているガリウスや核が必ず存在する。

 優は、何かを思いつき、左腕から体内に移動したシュバルツに。自分の口で説明する。

「迷ったら今までの学んだことを生かして最前の選択をしろ」

『……何か思いついたのか?』

「まあね、これが合っているかは分からないけどね」

 恐らく。この街の何処かに大量のガリウスを動かしている何かがある。
 優は気を付けながら。無駄な戦闘を避けて。旋回しつつ、街を回る。
 ここまで来る途中。ガリウスの動きに法則性があった。
 上から下に。左右からの出現は確認出来なかった。細かいことだが、こういう所で分析は生きてくる。

 つまり、街の北の方に。この侵攻を支えている。そして、終わらせる秘密がある。
 もちろん、これは全て推測で絶対ではない。
 ただ、己を信じて。街の北に足を運ぶ。ギルド協会とは別の方角。あちらの状況も気になる。はやく、終わらせて母親も探し出さなければ。

 焦り気持ちを必死に抑え。時計塔の真上に飛び乗る。そして、そこから見下ろすと。
 同時に優とシュバルツは声を張り上げた。

「見つけた!」

『見つけたぜ!』

 それは巨大な繭。白く大きなそれは、無数の糸に繋がれてその存在を維持しているように思える。
 そこには多数のイモラにフレイヤ。見ているだけで気持ち悪くなる。
 あれを始末すれば。この侵攻はひとまず終わる。ただ、問題は今の自分にあの繭を破壊する所か。
 占領しているガリウスも倒せない場合もある。左腕も回復していない。

 ――――ただ、まだ不思議な事に本当に微弱ながら。エンドは回復している。

 聞こえた声。薄暗い場所での叫び。助けを求める声。
 そして、彼女が自分の名前を呼び姿。
 正真正銘。あの、白土結奈の声である事はすぐに分かった。

 何でもいい。この状況を打破出来るなら。この際、手段を選んではいられない。

 この力の源が何なのかは。優に解明するのは不可能。だが、間違いなく。自分の助けになる事は確か。

 この奇跡のような力に頼るしかないのか。戦略も戦術も減ったくれもない。
 ただ、時にこの奇跡というのが。希望のない戦場に大きな花を咲かせる。
 優は目を瞑り、こちらからも白土に助けを求める。

(こんな俺が言うのも何だが……君の力で助けてくれないか、そのお礼に俺は君の事を)

 その瞬間。優の失った左腕に光が発生する。黄色いそれは段々と。形を作り出していく。
 思わず、口を開けながら。優はまさかと思いながらも。心の中で言葉を続ける。

(君の事を……救う!)

 まさかクラスメイトにこんな気持ちが湧くとは。だが、それはそれで好都合。
 想いは届く。底を尽きかけたエンド。それは、祈りと奇跡の力によって。
 回復し、優の戦意も完全に取り戻す。
 これで破壊の準備は整った。後は、あの繭を……。

「ぶっ壊すだけだな」

『派手にやれ、優』

 そして、優が飛び出した瞬間。別の場所から、出水達も到着した。
 タイミングが重なり、自体は収束に向かって行く。

「最弱無敵のエンドフォース -絶望からの成り上がり-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く