話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

出会い系はじめてみたら幼馴染とマッチングした話

さかな

19. ショッピング4

かくして、茜と佐々木さんのファッションバトルが始まったわけだが、2人が眺めている服を見ているともう勝負は決しているように思われる。
まあ、面白そうだからこの対決に乗ってやったのだ。
結末をしっかり見届けてやろうじゃないか。
決して美女2人のなすがままになっているわけではない。
俺が進んで引き受けたのである。
多分。

「ねえ、彼氏くん。彼氏くんはどっちがいいと思う?」

と紺とベージュの2種類のポロシャツを持って尋ねてくる。

「審査員にそれを尋ねるのはルール違反じゃないか?」

俺がそういうと「そうだったよー」と頭を抱える仕草をみせる。
過ごしあざとい気もするがこれがまたかわいいのである。

「まあ、勝負はもうついてるようなもんだしいいか。俺はこっちかな。」

俺は紺の方を指差しながら言うと佐々木さんは

「だよねー!私も彼氏くんはこっちかなって思ってた!」

とはしゃいでいる。するとここで

「でも着てみないと感じわからないし。試着してみようよ!」

と言って俺の手を掴んで俺を試着室の方向へ引っ張った。俺の前を歩く佐々木さんからは石鹸のいい香りがした。

「出会い系はじめてみたら幼馴染とマッチングした話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く