話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

出会い系はじめてみたら幼馴染とマッチングした話

さかな

2. マッチング

 登録してから1週間経つが、一向にマッチングする気配がない。
 プロフィール写真を設定していないので当たり前といえばそうなのだ。
 それにしても1件ぐらい来てもいいじゃないか。
 こちらからも何人かお誘いしてみたのだが、プロフィール写真を設定していない18歳のガキなど相手にされるはずもなくメッセージが返ってきた試しがない。
 なぜみんな出会い系にこうも堂々と顔を晒せるのか。
 最近はもっぱら画面に表示される美人を眺めるアプリとなっており、今流行りの「Tek Tok」を始めた方が幾分か心が安らぐのではないかなどと考え始めて急に虚しくなった。
 おもむろにスマートフォンを机の上に置き大きく伸びをしたそのとき、机上のそれがブルンと震えた。
 慌てて画面を確認するとそれ「Tender」からの通知だった。
 鼻息を荒くしながらロックを解除して通知の内容を確認するとかなという女の子からメッセージが届いていた。
 内容は今週末にお茶のお誘いであった。
 プロフィールを確認すると俺と同じ18歳でプロフィール写真はスヌーピーのぬいぐるみの写真を使用していたかわいい。
 俺はなんの疑いも持たず肯定の意を表明した。

「出会い系はじめてみたら幼馴染とマッチングした話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く