悪役令嬢はモブキャラになりたい

モブ貯水池.

帰宅

「あのね、予定通り1週間王宮ここにいて欲しいんだ。」

『…………ん?雨やんでるけど…。』

「えっと…僕のお願い…!」

私は別にいいけど、それを王が許すか。
それに、私はいいとは言ったけど正直、これ以上いるのはちょっと…。

『王様が許さないんじゃ…。』

「お父様からの許しはもう得てある。だからあとは、アリアが嫌じゃなければ…。」

え、いやいや。王様なに簡単に許しちゃってんのー!?
仮にもまだお友達だよ!?婚約者とかならまだ分かるけどさ…。
え、まって、婚約…?
もし、もし、王がイアンと私をくっつけようとしているなら………
私にとっては最悪の自体。
いや、困るよ。婚約したら絶対、公の場とかで婚約破棄言いつけられるんでしょ。お決まりじゃん!
それは嫌だって!婚約破棄言いつけられるとか恥ずかしいって!無理よ。
ここは、遠慮していた方が…。

『でも、あの、メイドさんとかの仕事増えちゃうし…私もいつものメイドの方が落ち着くし、ここは…えっと……遠慮……………。』

なんだろ、すっごい言いにくい。だんだんイアンの顔が泣きそうになってくるし。

『遠慮……』

こ、これ以上がどうしても言えない。私の欠点は、しょんぼりした顔をされると断れないんだ。
でも、この顔(イアンの泣きそうな顔)だと誰もがみんな、断れないと思う。

「………だめ……………?」

うぅう…。いや、ちゃんと断らなきゃ!

『遠慮します。』

いっきにイアンの顔が…。わかりやすい。

『ほら、学校でも会えるし、近いからいつでもお茶出来るでしょ!』

なんとか励ます。

「…そうだよね。ごめん。」

『あ、えっと…そうだ!学校で一緒にお昼ご飯食べよ!ねっ!?』

お願いだから機嫌直して…!

イアンの顔を観察してると急にパァっと明るくなった。すっごいわかりやすい。

「…………うん!」

よかった、これでいいよね。

お昼ご飯くらいなら、ね。それに、私が誘わなくてもイアンを誘う人はいっぱいいし…。大変だな。他人事だけど。










と、いうことで。
自分の家に帰ります。
相変わらずキラキラの馬車に乗って帰宅。

「また明日学校でね!」

『うん。』

あぁ、そっか。晴れたから学校が明日から始まるんだ。
学校っていうと行きたくないっていう重りがずしりとあるのに、今はそんなにない。
どちらかというと楽しみ。

馬車がゆっくり動き出した。

「じゃーね!」

『うん。また明日!』

馬車の窓から顔を出して手を振る。イアンの後ろでイアンのお母さんがニヤニヤして見守ってる。なんだ、あのニヤニヤ。




しばらくして、我が家が見えてきた。
門番の人は馬車にある紋章で王宮からだと分かったらしく、すんなり開けてくれた。

母と兄が笑顔で立って待っててくれた。

「アリアおかえり。」

『お兄様!ただいま帰りました。』

「お嬢様〜!お帰りになられたのですね!!」

馬車からおりると世話係のリーナが顔をキラキラさせて来た。別に、そこまで久しぶりってわけじゃないんだけどな。
あらためてすごく暖かい家族だと思った。
そういえば、父の姿が見当たらないな。

『お父様は……。』

「お父様はね、騎士団の集まりがあるから今頃いつもの場所で剣振り回してるわ。」

振り回してるって…。

そんなこんなで無事に帰宅。



やっぱり、我が家が1番なんですね。



「悪役令嬢はモブキャラになりたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く