choice01

ノベルバユーザー329392

 歩は息を整え…そして話し出した。
 「2年前の9月5日……あの日は久々の休暇でアメリカにいたんだ……昔、世話になった教授に会うため…」
 有紀が言った。
 「その頃歩は世界の被災地を飛び回っていた」
 歩が言った。
 「そんな中の久々の休暇で……アメリカに渡った3日目の午前9時5分…」
 葵が言った。
 「9月5日の午前9時5分…あの悲惨な事件が起こったわけですか……」
 歩が言った。
 「事態を知った俺は現場に駆けつけた。たまたま現場が近かった事もあったからね……何も考えずただ現場に向かったよ…」
 歩は表情を歪めて言った。
 「現場は悲惨な状況だった…で火まみれになった人や、瓦礫の下敷きなった人や、子供も沢山いた…」
 その光景は現場にいた人間にしかわからないだろう……葵たちは想像する事しかできない。
 歩はさらに続けた。 
 「いつも戦場や災害地にいた俺にとって…あの光景は異常だった……考えてもみな?俺がいつもいたのは、後進国だ……それが先進国……ましてやあんな都会で、まるで戦場の様な状況……俺はあのギャップに呆然としたよ」
 歩は吐き捨てるように言った。
 「俺は医者だ、全ての人を救いたい……でも……救えないんだっ!俺は心底自分の無力さにヘドが出たよ」
 歩の発した自分に対する嫌悪感に、しばらくその場が沈黙する。
 ……当時……歩は、おそらく想像を絶する葛藤と戦っていたのだろう。
 救いたい……でも救えない。切り捨てたくない……でも切り捨てなければならない…。
 歩が再び口を開いた。
 「あの時の……一人の重症患者がいた……その患者は、気を失う間際に……生きるか死ぬかの瀬戸際に確かに言った」
 「『I want to die. (私は死にたい)』と…」
 皆に衝撃が走った……救おうとする医師に、救われたくない患者……。
 その中葵が言った。
 「それが……アマツカですか?……」
 歩は言った。
 「それは断定できない。ただ……可能性があるとすれば、そうだと思う。重症患者が苦しみのために、楽にしてくれと、言うのはよくある。ただ……今思えば、彼の場合少し違ったかもしれない…」
 葵が言った。
 「何故そう思ったのですか?」
 歩が言った。
 「違いは上手く表せないけど……瞳が何かを悟った様な…」
 九条が言った。
 「ますます謎だな……アマツカとやらは…」
 歩が何かを思い出したように言った。
 「そう言えば……あの時……」
 有紀が言った。
 「どうした?歩…」
 「後で聞いた話だが……被災者は現地の救命病棟に搬送されたんだ…その患者の中で俺の事を聞いてきた人物がいたらしい……日本人医師は俺だけだったから、すぐに教える事ができたようなんだけど……」
 葵が言った。
 「その人物は?」
 「それが……ある程度回復した後……いなくなったらしい……何故だかわからないが…」
 九条が言った。
 「その人物の素性は?」
 「いや、わからない……アジア系だったのは確かだが、素性までは…」
 葵が言った。
 「おそらくその人物がアマツカでしょう……これでますます、暗号の答えに信憑性が出てきました」
 九条が言った。
 「時計台の時刻を9時5分に合わすのか?…」
 葵が言った。
 「おそらく……試してみましょう。答え合わせは…合っていたようですから…」
 有紀が言った。
 「時計台には鉄梯子てつばしごが付いていたな…」
 葵が言った。
 「さっそく向かいましょう」
 葵がそう言うと皆は、島の中央にある、時計台へと向かった。あらためて時計台を眺めて見ると、何とも言えない迫力がある。
 九条が言った。
 「高いね……3mはある……この梯子で登るのか?」
 葵が言った。
 「登りますが……心の準備はいいですか?」
 皆の表情は期待と不安が入り交じっている。  
 悪夢が終わる期待と、悪夢が続くかもしれない不安とが……入り交じっている。
 美夢が言った。
 「大丈夫……あんたが言ってんだから…」
 有紀が言った。
 「そうだな……最後まで葵を……信じよう…」
 皆は覚悟を決めたのか、黙って頷く。
 葵は皆が頷いたのを確認して、梯子に手を掛けた。鉄梯子は葵の手を冷たくする……鉄梯子の冷たさを気にする事なく、登って行く。
 3mは葵が思っていた以上に高い……落ちたら大怪我をしそうだ。
 時計に近付くにつれ、その全貌が明らかになっていく……時計はかなりの大きさだ。
 時計部にまで到着した葵は時計を確認した。
 直径が約1m弱ある……時計の迫力に圧倒され、落下しそうになるが……葵は気を確かにグッとこらえる。
 時計はガラスなどのケースに覆われることなく、針がむき出しだ。
 時計の下部にダイヤルが二つと、ボタンが一つある。
 おそらく二つのダイヤルで時刻を合わし、ボタンがスタートだろう。
 葵は時刻を合わす前に、今までの事を思い返した。
 プログラムの島……皆とのふれあい……そして殺人……。
 ……アマツカ……目的はなんだ?
 葵は呟いた。
 「今は考えなくていい……やるか…」
 意を決して葵はダイヤルを回す。
 短針を9…長針を5に合わせて、ボタンを押した。
 するとすぐに変化が起こった。
 葵の位置は地上約3mの高さだ、見渡しが良いぶん、すぐに変化に気付いた。
 葵は皆に叫んだ。
 「皆っ!時計台に捕まってっ!」
 皆は葵に言われるまま、時計台にしがみついた。
 島の外側から、地面や施設が小さいサイコロ状になり、崩れていってる。
 葵はすぐさま梯子を下った。
 葵が下につく頃には、島の半分が崩壊していた。
 九条が叫んだ。
 「葵君っ!これは!?」
 葵も叫ぶ。
 「わかりませんっ!」
 有紀も叫んだ。
 「今は信じて身を任すしかないっ!」  
 有紀の言う通りだった。これは皆で導きだした答だ……信じるしかない。


 ……その時はすぐにきた……。


 体が分離していく……砂で作られた人形が、風で崩れるように…。


 ……そこで意識は途絶えた……。

「choice01」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く