choice01

ノベルバユーザー329392



 九条は驚いた様子で言った。
 「……戦場?……」
 歩は言った。
 「あぁ……馬鹿だった俺は、外科医としての腕を振るうには、もってこいだと思った。軍医ではなかったけど…」


 ……暫く場が沈黙する……。


 葵が辛そうな歩を見て、話を変えるように言った。
 「少し休憩しましょう……二人の遺体も忌ってあげないと…」
 九条が場の空気を変えようとする、葵を察して言った。
 「そうだね……パーティールームに移動して、少し休憩しよう…」
 葵が言った。
 「では、遺体を広場に運びますので……誰が手を…」
 有紀が言った。
 「私が貸そう……九条氏も手を貸してくれ…」
 九条が言った。
 「あ、あぁ……わかった。じゃあ、歩と美夢ちゃんと容子君は、先にパーティールームで休んでいてくれ…」
 それから二手に別れて、葵達は遺体を広場に運ぶ作業に取り掛かった。
 アマツカの放った火は、もう収まっていたが、広場はまるで爆撃を浴びた焼け野はらのようだった。
 二人の遺体を広場に運び終えて、九条はアマツカの遺体を見て言った。
 「アマツカとはいったい……歩とどんな関係があったんだろ?…」
 有紀が言った。
 「それは私にもわからんが……奴の口振りから……おそらく戦地か災害地で知り合ったのだろう…」
 九条が言った。
 「災害医療とは……過酷なのは想像がつくが…」
 有紀が言った。
 「過酷なんてものではない……自らも危険であり、さらに……命を切り捨てる覚悟が必要だ…」
 九条は目を丸くして言った。
 「命を……切り捨てる?…」
 葵が言った。
 「……『トリアージ』……ですか?」
 九条が言った。
 「『トリアージ』?…」
 葵が言った。
 「災害医療の事です……本来医療とは『全ての患者を救う』が一般的な医療の理論ですが……トリアージは違います…」
 九条が言った。
 「違うとは?…」
 葵が言った。
 「トリアージのロジックは『小の虫を殺して大の虫を助ける』です。わかりやすく言うと、患者のレベルを4段階に色分けし、軽いのから……緑→黄→赤→黒の順にし…」
 九条が言った。
 「それって……まさか……」
 九条は察したようだったが、葵は言った。
 「黒は……切り捨てる…」
 有紀が言った。
 「確かに……だが、少し違う……トリアージは、例えば……テロなどによる大量負傷者が発生し医療キャパが足りなくなった『極限状況』でのみ是認される。医者はいつでも全ての患者を救いたいと思っている……色に関わらず、どんな時でもな……」
 葵は言った。
 「わかっています……だからこそ歩さんは、誰よりも命を重んじる…」
 有紀が言った。
 「そうだ………だが……我々医者も神ではない。あいつは割り切れなかったんだ…」
 有紀の言葉に、その場が重たくなった。
 九条が言った。
 「そろそろ戻ろう……皆が心配する…」
 三人がパーティールームに戻ると、皆は静かにそれぞれ飲み物を飲み……ぐったりとしていた。
 様々な事が起こり過ぎてよほど疲れたのだろう。
 歩が言った。
 「おかえり…」
 歩の表情は穏やかだが……どこか哀しげだった。
 葵が言った。
 「広場は焼け野はらでしたよ…」
 美夢が言った。
 「皆さんのお茶も用意したんで、座って下さい…」
 三人が座ると、再び場が沈黙に包まれた。
 そしてしばらくして、歩が再び話始めた。
 「どこまで話したかな?……戦場に行ったところまでか…」
 九条が歩を気づかった。
 「あまり無理をするな……君のタイミングでいいよ…」
 歩は九条に作り笑顔で言った。
 「サンキュー……九条。でも……もう大丈夫…」
 九条の気づかいに感謝しつつ、話を始めた。
 「俺は自分の腕をあの現場に生かして、救えない命を救えると疑わなかった…」
 「しかし……そんな俺の理想は簡単に打ち砕かれたよ……4段階に色分けされた患者を……黒の患者を見捨てるしかない現実…」
 「今日も……また今日もか……と……俺は心底自分の無力さに絶望した」
 「救えなかった患者ほど覚えてるもんでさ……特に子供のは…鮮明に記憶に残ってる…」
 皆は歩の悲痛そうな表情をじっと見つめて……黙って話を聞いている。
 歩は話を続けた。
 「信じられないよ……子供が銃を持ち、戦争してるんだぜ?今日を生きるために………考えられないだろ?…でもそれが日常で起こってる。でも……救えない……治療しても、治療しても……患者は溢れるばかり……黒が……なくならないんだ……」
 美夢や容子も歩と同じように悲痛そうな表情をしている……歩の話を想像したのだろう。
 歩は構わず続けた。
 「だから俺はメスを捨てた………救えないなら……起こさなければいい…」
 九条が言った。
 「だからカメラマンに?」
 「あぁ……少しでもこの世界の慘状を知って欲しくて、訴えたくてね…」
 有紀が言った。
 「ではアマツカとは?」
 歩が言った。
 「どこかで救えた患者だと思う……邦人患者も結構いたから…ボランティアの人とか…」
 葵が言った。
 「その中の一人だと?」
 「たぶん……でも…誰かまでかは……」
 葵が言った。
 「アマツカは死の間際に「何故私を助けた?」と、歩さんに言っていたようですが……心当たりは?」
 「思い出そうとしてるんだけど……わからないんだ…」
 すると歩の疲れた表情を見て九条が言った。
 「今日はもう遅い……歩も少し休んだほうがいい…」
 葵が言った。
 「そうですね……危険の可能性は0ではありませんが、とりあえず身の安全は確保できたと言っていいでしょう……」
 有紀が言った。
 「そうだな……少し皆眠ったほうがいい……歩にも睡眠が必要だ。ここ最近ほとんど眠っていない…」
 こうして皆は解散する事となった。念のため二人一組になり、解散した。
 葵と美夢が部屋に戻ると、美夢が言った。
 「歩さんの話……なんか辛かった…」
 「辛くならない者などいない」
 「私……知らない事だらけで……情けないよ…」
 「だったら……これから知って、美夢の出来る事を考えたらいい…」
 美夢は少し考えて言った。
 「わかった……勉強する」
 「……ならいい……」
 美夢は話を変えた。
 「話変わるんだけど……葵の偽物の死体って、どうやったの?」
 葵は美夢にパソコンを見せた。
 「これを見ろ…」
 葵に見せられたのは、『AMS』のアプリを開いた画面だった。
 内容に美夢は驚いている。
 「なに?……これ……」
 葵は言った。
 「これは転送システムの…そうだな『裏サイト』とでも、言っておこうか……内容は見ての通りだ…」
 リストには、拳銃や刃物等の武器類に、そしてなりより驚きなのは、世界の死刑囚リストがあった。
 葵が言った。
 「順平君はこのサイトから……銃と、自分の身代わりになる遺体を手にいれたんだ」
 美夢が言った。
 「死刑囚を転送したって事?」
 「あぁ……死刑囚を転送し、すぐに殺害してそして火を着けた……」
 美夢が葵に恐る恐る聞いた。
 「まさか……あんた…」
 葵はニヤリとした。
 「僕が死刑囚を身代わりにすると思うか?」
 「おっ、思わない……」
 「当たり前だ……僕が転送したのは銃だけだ。遺体は寝る間を惜しんで人形で作った」
 美夢はほっとした表情で言った。
 「だよねぇ……いくら変人でもそこまでしないよね……安心した……
でも、順平君が人形に気づいたら……逃げられるんじゃ?」
 葵はポケットから、何かのスイッチを取りだし、それを押した。
 『早いですね……どうぞ入ってきて下さい……まだ作業中なので、少し待っていただかないと……』
 ボイスレコーダーだった。
 美夢が言った。
 「あんたそんな仕掛けまでしてたの?」
 「そうまでしないと、アマツカを追い詰める事は……できなかった……僕は隣の美夢の部屋で待機して、ボイスレコーダーであらかじめ録っておいた、僕の声を遠隔操作で、タイミングよく出したんだ…」
 「やっぱたいしたやつだわ……葵って……」
 こうして夜は過ぎていった。
 脱出する希望を胸に抱きながら……。

「choice01」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く