choice01

ノベルバユーザー329392



 ……五日目…午前十一時……




 昨日は脱出に関して皆で遅くまで話し合いをし、そのまま解散した。
 皆は僅かながらの希望にすがるように……しかし、はじめて皆が一つにまとまった感じは確かにあった。
 本当は最初から皆、気づいていたのかも知れない……ここが現実世界で無い事を。
 電波が無い事や、定まらぬ方位磁針、転送倉庫……。気づいていて知らぬ振りをし、現実逃避をしていた。
 だが希望が出来た事に寄って、皆が一つの目標に向かった。
 葵はパソコンに向かって、髪をクルクル回しながら考えている。
脱出という希望を。
 「やはりこのシステムがどう考えても怪しい…」
 すると美夢が葵好みのアイスカフェラテを差し出した。
 「なんなんだろね?それ…」
 「これが脱出の鍵になるはずなんだが……パスワードがどうしてもわからない…」
 美夢は葵のメモを覗いた……何やら数字や記号が書いてある。
 「なぁに?このメモ?」
 「これは各部屋のドアに記載されている数字や記号をまとめた物だ…」
 葵は美夢にメモを覗いた渡した。
 メモにはこう書いてある。


 01=↑6-6
 02=→6-6
 03=↑2-6
 04=→2-11
 05=↑3-7
 06=→2-9
 07=↑3-5
 08=→4-11
 09=↑2-6
 10=→2-11
 11=↑0-0
 12=→0-0
 とあり、長々と記載されている。
 美夢は言った。
 「なにこれ?」
 「おそらく暗号だ……僕の見立てでは、この暗号を解いたら…このシステムのパスワードがわかると思ったんだが…」
 「だか?…」
 「どう考えても7桁にならない…いや、思い当たる7桁のパスワードは試したが、開かない…」
 「しっかりしてよ…」
 美夢の激を無視して葵はつぶやいた。
 「そもそもなぜ奇数になるんだ?…いや、そもそも数字ではないのか?……僕の知らない事か?…だとしたら、わかりようがない…僕だって知らないものは知らない……」
 「何をブツブツ言ってんのよっ!とりあえずこれ飲みなっ…」
 葵は美夢に言われるまま、アイスカフェラテを飲んだ。
 「うまいな…」
 「あたりまえじゃん……何年作ってると、思ってんの?」
 「それもそうだ……そういえば、美夢が作ったのを飲むのは久しぶりだ…」
 「それ飲んで頑張ってよっ!葵だけが頼りなんだからねっ!」 
 葵と美夢が話していると、部屋のドアに激しい音が伝わる。


 ………ドンッドンッドンッ………。
 ………ドンッドンッドンッ………。
 今日の集合時間は11時30分のはず。
 椿が「昼食の準備かしたい」との事で、いつもより30分早めたのだが……。
 それ以前に激しすぎる音に、葵は異常事態が起こったと、すぐに察知した。
 ドア穴から外を確認すると、有紀がドアを激しく叩いていた。
 葵がドアを開けるなり、有紀が言った。
 「葵!美夢!よかった……無事か…」
 葵は外の様子を確認すると、ある程度理解できた。
 「有紀さん……慌てる原因はあの煙ですか?」
 葵が言うように広場の方から煙が上がっている。
 葵が言った。
 「有紀さんや歩さんが皆の部屋を回っているという事は……焼死体で誰だかわからない…て、とこですか…」
 有紀が言った。
 「そうだ…広場には焼死体がある……そして今も燃え上がってな…」
 「とにかく行きましょう…」
 広場に向かうと、それは鮮明になって目の前に現れる。
 葵たちが到着すると、既に堂島夫婦と容子もおり、少し後に歩が九条たちを連れてきた。
 この場にいないのは…………順平だった…。
 歩が言った。
 「順平君か?」
 歩が疑問に思うのも無理はなく……それ程に燃え上がり、近づく事さえできない。
 葵が言った。
 「とにかく消火を……確認しないと…」
 葵がそれに近づこうとすると、光一が葵を抑えた。
 「月島殿っ!よせっ!…この炎では無理だっ!」
 光一が言うように、この炎に近づくのは自殺行為とも言える…。
 「しかし……順平君がっ!」
 有紀が葵に言った。
 「よせっ!葵っ!お前らしくないぞっ!それに……もう…助からない…」
 「くそっ!……」
 葵は珍しく怒りを露にし、コンクリートの地面を何度も殴り付けた。
 やがて葵の右拳は血塗れになるが…葵は止めようとはしない…。
 すると歩は葵の右腕を掴んだ。
 「もうやめな……自分を責めるのは……これじゃあ…いつもと逆だよ…」
 葵は言った。
 「無理矢理にでも一人にさせるべきではなかった……僕が甘かった…」
 九条が言った。
 「君のせいじゃないよ……まとめる事ができなかった、僕ら年長者の責任だ…」
 九条も拳を握りしめている……彼からも悔しさが伝わる。
 すると皆に追い討ちをかけるように、焼死体の側で軽く爆発が起こる。
 有紀が言った。
 「爆発物かっ!?」
 広場の土が舞い上がっている。
 椿が言った。
 「ここは危険ですっ!一度避難を…船長っ!」
 椿に促され山村は言った。
 「月島さんっ!一ノ瀬の言うように、いったんパーティールームに…」
 歩が賛同する。
 「そうだ……正午にリセットされるなら…あと、30分程だ…ここは一度避難だ!まだ爆発する可能性もある!」
 こうして皆はパーティールームに一度避難した。
 皆はそれぞれ息を切らしている……席に着く者…その場に座り込む者や……。
 葵は後者でその場に座り込んでいる…。
 容子が言った。
 「ほんとに…順平君だったの?」
 葵は少し落ち着いたのか…息を整えて、声を荒げる事なく言った。
 「おそらく順平君で間違いないでしょう……彼の眼鏡が火が届くか届かないかの位置に落ちてました。今ごろそれも炎に焼かれているでしょうが…」
 山村が言った。
 「しかし、いったいどうやって火を?火は厨房しかありませんし…爆発物や火気の物や危険物は転送倉庫から出す事はできませんよ…」
 葵は言った。
 「方法は有ります……実験室の薬品を使用すれば簡単にね…ガラス片が現場で確認できました…」
 ガラスという言葉に歩が反応した。
 「……モロトフカクテル……」
 葵が歩に同意した。
 「モロトフ火炎手榴弾……通称モロトフカクテル……旧ソ連軍がよく使った兵器です。古いですが……使い手にとっては、安全性の高い火炎瓶です」
 美夢が言った。
 「でもどうやってそんなの…」
 有紀が言った。
 「塩素酸塩と硫酸があれば、可能だ…」
 葵が言った。
 「火炎瓶として投げつけたか、もしくは……殺害した後に死体に塩素酸ナトリウムを撒き、少し離れたところで硫酸の入った瓶を投げつけたら火が着きます…」
 山村が言った。
 「では、爆発は?…」
 葵は気のない返事をした。
 「おそらく僕らの死角になる所にスプレー缶などを、何本か置いてたのでしょう…」
 九条が言った。
「スプレー缶は火が当たると破裂するからね……それなら、軽い爆発はいくらでも起こせるか…」
 椿が言った。
 「自殺と、いう事は?」
 歩が言った。
 「それは今更ないでしょ……昨日…順平君の部屋に行って、脱出を話し合った事をメモにしてドアに挟んだからね…ノックも返してくれたし、挟んだメモも受け取ったよ。ドア越しだけど…」
 九条が言った。
 「希望があるのに、自殺はないな…」
 光一が言った。
 「これで、外部犯だと決まったな……今朝8時に集まり、その後9時に解散し…先程まで皆が部屋にいたのだ…アリバイは成立する…」
 九条が言った。
 「そのようだね……今までの通り警戒は怠らないようにして、脱出方法を考えよう…」
 その時のパーティールーム内で、激しく音がなる…。
 音を発したのは葵だった……床を両手で勢いよく叩いた音だった。
 「くそっ!何故だ?」
 「……葵……」
 美夢心配そうに葵を見ている。
 葵は正直戸惑っていた…こんな事は久しくなかった事だ。
 ……外部犯であるはずがないっ!その為の団体行動だった…お互いを見張る意味もかねて……。
 葵は一人、床を睨み付けて考えている。
 ……たしかに堂島先生のいう通りだ、しかし…今回に限って何故、全員にアリバイがある?そして何故火を使った?僕は何かを見落としているのか?
 だが、そんな葵をあざ笑う者がいる。
 (フフフ…内部犯のはすが、外部犯だった…。混乱してますね…)
 (ただ、やはり侮れませんね…月島葵君…あの爆炎の中でも冷静に観察している…)
 (だが…まだまだこれからですよ…君は私のスピードについてこれますか?)
 (まぁ、仮についてこれたとしても…最後に勝つのは、この私です…)

「choice01」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く