『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

22話 漂流者。


 22話 漂流者。

「そこの民間人二名……どっか、ケガしているか? していないな? 出来れば、していないと言ってくれ、対処するのが面倒だから」

「……ま、ケガ……したんだけれども……でも、まあ……メディック担当が将来有望の天才的な人気者だったから、結果的にはノーダメだったかなぁ……」

 そんなセンの言葉に対し、
 黒木は、ひどく冷めた目で、

「……そこまで無駄に持ち上げるのであれば、いっそのこと、『美少女』もつけておいてくれますか? そうすれば、快く、不愉快になれますので」

「褒められても不愉快、侮蔑されても不愉快……いったい、俺は、どうすればいいんでしょうか、オネーサン」

「笑えばいいんじゃないでしょうか?」

「ははははは」

「なに、わらっているんですか、不愉快です」

「理不尽!」

 などと、無駄な会話をしているセンに対し、
 『長身の青年』は、


「ん……ぉいおい、お前、なんで、そんなに存在値が低いんだ? 虫ケラ以下じゃないか? どうした? めんどうな呪いでもくらったのか?」


 と、いぶかし気な目を向けてきた。
 『悪口を言っている』という感じではなく、
 普通に『心配』も入っている声音。

 それが、なんとなく伝わったので、
 センは、強い言葉で返すのではなく、

「さすがに虫よりはマシだと思うが……まあ、ドラゴン相手にワンパンマンかましたあんたと比べたら、俺なんざ、確かに、虫ケラかもしれないが……」

 と、軽い感じで不満を口にする。

 ――と、そこで、『長身の青年』は、
 厳しい顔つきになり、

「ため口、やめろ。僕が誰かわからないわけじゃないだろう? 敬意を払え。『天上』を『ナメている』というコトなら、『わからせてやる』ことになるが、いいのか?」

 『怒り』というよりも、『呆れ』でもって、
 センに、ガッツリと説教をかましてきた。

 その態度に対し、
 だから、センは、

(おっと……こいつ、『偉いさん』か……)

 反発するのではなく、素直に『お互いの立ち位置』を探りはじめる。

(まあ、『龍を一撃で殺せるヤツ』ともなれば、普通に考えて、地位は高いだろうな……勇者とか、英雄とか、そういう立ち位置のやつなのかもしれん……)

 そこで、センは、ゴホンとセキをはさんで、

「えっと……もうしわけないすねぇ。あなたは、その……英雄的な何かで?」



「はぁ? 僕を知らない?」



 そこで、長身の青年は、いぶかしげな顔になり、

「……もしかして、お前、『漂流者』か?」

 と、そんなことを尋ねてきた。
 センは、顎に手をあてて、

「……『漂流者』ねぇ……あなたの中にある漂流者の定義を教えてもらえれば、答えようもあるんすけど、その辺、どうでしょう?」

「では、こう聞こう。どの世界から来た?」

「……異世界転移ってのは、ここだと、よくあることなんすかねぇ?」

「まれにな。で? どの世界からきた?」

「どのって言われても……」

 と、答えに悩んでいると、
 後ろにいた黒木が、

「第一アルファ……です」

 と、うかがうような口調で、そう答えた。

「……ほう。そいつは、ずいぶんと珍しい漂流者だな」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く