『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 生意気な猫目の豪魔拳使い――さて、誰でしょう?


 21話 生意気な猫目の豪魔拳使い――さて、誰でしょう?

「……ナメんなよ、クソが……てめぇごときの『しょっぱい攻撃』ぐらい、ちゃんと集中すれば、余裕で避けられんだよ……まあ、避けるまでが限界で、サイズ的に、切り返しは厳しそうだが……」

 ドラゴンのサイズは、『まあまあでかいトラック』ぐらい。
 柔道技で切り返すには、少々規格外。

 『人間サイズで、十分な長さの手足がついている』という前提条件があれば、
 それなりに立ち回れるセンだが、
 宿敵であるトラックが相手となると、なかなかうまい切り返し方法が見つからない。

 もちろん、カウンターのコークスクリューで気を逆流させながら急所を砕いていくなど、いくつか攻撃方法はあるのだが、『ドラゴン』のHPと防御力を考えると、やはり、少々厳しい。

(……図虚空なしの俺じゃあ、あまりにも、素のステータスが低すぎて、適切に手段を選べねぇ……歯がゆいぜ……)

 ――と、センが『ドラゴンの駆除方法』に悩んでいると、
 そこで、右腕が淡く光った。

「……おっ」

 暖かな光により、
 失った右腕が復活し、
 痛みも綺麗になくなった。

 復活した腕をさすりながら、
 チラっと黒木の方に視線を向けてみると、
 『ほれ、見た事か、私は必要だっただろう』とでも言いたげなマウント顔で、
 ニィと笑っていやがった。

「うぜぇ顔しやがって……わかった、わかった。お前はすごいよ、天才的だよ。将来楽しみだ」

 などと言い捨ててから、
 バスタードラゴンの攻撃に集中しなおしたセン。

 ――が、ちょうど、そのタイミングで、



「――豪魔拳ランク25」



 空から降ってきた『長身の青年』の拳によって、


「グギャァアアア!!」

 ホバリングしていたバスタードラゴンの頭はゲニャリと潰された。

 命を失ったことで、当然、
 力なく落下するバスタードラゴンの死体。

 そんなバスタードラゴンの首を掴みとりつつ、
 地上に降りてきた『長身の青年』は、

「おかしいな……なんで、こんなところに、突然、上位の龍が沸いたんだ……?」

 首をかしげながら、

「誰かの手によって召喚されたとしか考えられないが……周囲に、それらしき使い手の気配はなし……んー……よくわからないな……この件は、『百済』に丸投げでいいか」

 などとつぶやきつつ、
 ドラゴンの死体を、
 『自身が生成した亜空間』に放り込むと、
 センたちに視線を向けて、

「そこの民間人二名……どっか、ケガしているか? していないな? 出来れば、していないと言ってくれ、対処するのが面倒だから」

 と、たずねてきた。
 『見下されているの』というのが、ハッキリと伝わる、
 非常に、ぶっきらぼうな上から目線の態度。

 『優しさで尋ねている』のではなく、
 『義務として尋ねているだけ』なのが丸わかりの粗野なムーブ。

 ネコ科系の釣り目で、いかにも気位が高そうな感じの、二十歳そこそこっぽく見える青年。

「……ま、ケガ……したんだけれども……でも、まあ……メディック担当が将来有望の天才的な人気者だったから、結果的にはノーダメだったかなぁ……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く