『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 完全無欠のメンタル。


 20話 完全無欠のメンタル。

「うそだろ?! え、マジで?! いやいやいや、図虚空さぁん! きてぇ!!」

 何度か、召喚しようと試してみたが、なしのつぶて。

(いや、さすがに、図虚空なしはエグすぎん……?)

 冷や汗をダラダラ流しながら、慌てふためていると、
 そこで、黒木が、

「アポロ、きてください」

 携帯ドラゴンを召喚し、
 アポロをマシンガンに変形させると、
 そのまま有無を言わさず乱射する。

 ダダダダダッ!

 と、軽快な音がして、
 無数の火花がパっと開いて咲いた。

 一般車両ぐらいなら、見るも無残なハチの巣に出来る程度の火力はあるのだが、
 しかし、

「……ああ、ダメですね……アポロの火力だと、豆鉄砲でしかありません。積みました。さようなら、ワールド」

「あきらめないでっ! 諦めたらそこで試合終了って、昔のエロい人が言っていたから!」

「ホワイトヘアードデビルをエロ親父扱いしないでください」

 などと、どうでもいい会話の応酬をしていると、
 アポロマシンガンにイラついた様子のバスタードラゴンが、
 雄叫びをあげながら、自身の周囲に複数のジオメトリを刻み込む。

 そのジオメトリは、まるで、固定砲台。
 バスタードラゴンは、『無数に召喚した炎のナイフ』を、
 容赦なくバラまいてくる。

「あのドラゴン、どうやら、魔法も使えるようですね……」

 解析しつつ、黒木は炎ナイフの弾幕を綺麗に回避する。
 軽く追尾性能もあったが、アポロの自動迎撃システムが弾き落としてくれた。

 そんな、完全回避を果たした黒木と違い、
 図虚空を使えないことに対する動揺から復帰できていないセンは、
 『左折中に巻き込まれた原付』のように、


「どわぁあああああ!」


 もちろん、ほとんどは回避したのだが、
 死角からの追尾に対して、
 意識はともかく、肉体の方が反応しきれず、
 普通にカスってしまい、
 結果、右腕の肘から先を持っていかれてしまった。

 もっと深く集中していれば、
 ドラゴンの予備動作に対する零手目から細かく計算し、
 ギリギリ、どうにか、回避できていただろうが、
 今のセンは、あまりにも、気が散漫になりすぎていた。
 彼の不器用さが露呈する。

 ――と、同時に、彼の『人としての弱さ』も露呈した感じ。
 『心の支え』があると、どうしても、それに頼ってしまう。
 『支え』に頼っていた比重が多ければ多いほど、
 『支え』を取り上げられた時の動揺が増す。

 センエースのメンタルは、非常に優れているが、
 しかし、決して、完全無欠ではない。

 『隙(すき)』や『弱さ』や『脆さ』が普通に含まれている。

「痛ってぇなぁああ! どちくしょぉお!」

 脂汗を流しながら、
 バスタードラゴンの動きを目で追うセン。

 バスタードラゴンの『次の攻撃』の『予備動作』は、既に始まっていた。

 激痛の中で、
 集中力を加速させていくセン。

「……ナメんなよ、クソが……こちとら、今まで、ずっと、頭おかしいS級のGOOと渡り合ってきたんだ……てめぇごときの『しょっぱい攻撃』ぐらい、ちゃんと集中すれば、余裕で避けられんだよ……まあ、避けるまでが限界で、サイズ的に、切り返しは厳しそうだが……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く