『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

16話 次元の裂け目。


 16話 次元の裂け目。

 案内された場所は、
 第十七校舎の裏手。

 センの目には、何の変哲もない場所に見えるが、
 しかし、

 黒木の携帯ドラゴン『アポロ』が、
 目から、ペカーっとサーチライトを照らすと、

「……この『次元の裂け目』……なんか、でかいな……」

「そうですね……『ダンジョンにつながる次元の裂け目』は、これまでに、何度か見てきましたが……このサイズははじめてです……なんというか……不気味ですね……」

 などと、背後でつぶやいている黒木。
 センは、黒木に視線を向けることなく、

「黒木、お前はこなくていい。つぅか、くるな……お荷物はいらない」

 と、背中で語っていく。

「……」

 お荷物と言われて、普通にムっとした顔になる黒木。
 彼女は、茶柱ほどではないものの、
 しかし、まあまあプライドが高いので、

 センの背中を、なかなかの『女子力(ダークサイド)』で睨みつけて、

「確かに、戦闘面では、あなたの足元にも及びません。それは認めます。しかし、私は、もともとが、『後衛のメディック担当』であり、回復&サポートであれば、普通に『大きな戦力になれる』と自負しております。というわけで、お荷物と言ったことは取り消してください」

 張りのある声。
 ここは、あえて、『針のある声』と言ってもいいかもしれない。

 『イラっとした時の黒木』は、体温が2度ほど上がる。
 目が血走って、交感神経がブンブンと肩を回す。

 ――そこらの男子が『彼女の圧力』を受けた場合、
 ジャンピング土下座待ったなしだが、
 しかし、胆力が『人外の領域』に達しているセンは、
 むしろ、よりハリネズミな声音で、

「この裂け目の向こうには『一撃でもくらったらアウトの敵』がいる可能性が高い。一つ聞くが……お前は、ザ〇リクが使えるのか?」

「……いえ、死者蘇生の術は……会得しておりません」

「なら、邪魔だ。高次戦闘に『ホ〇ミ』は必要ない。正直『ベ〇マズン』も使えねぇ。つぅか、かりに『ザ〇リク』が使えたとしても、『お前を守る手間暇』を考えたら、そっちの方がダルい。というわけで、お前は帰れ。かえってください。お願いします」

「……死ぬ覚悟はできていませんが、しかし、ナメられっぱなしで終わるぐらいなら、根性見せて野垂死んでやる、という程度の意地はあります」

「……うわ、めんどくせぇ……」

 彼女の『めんどくささ』は、これまでの100ループの中で、
 ある程度、理解できたつもりだったが、
 しかし、所詮は『できたつもり』に過ぎなかった。

 『人のめんどくささ』には、いつだって、底がない。
 掴んだ気になっても、スルリと手から抜け落ちていく。

 特に、『根が複雑な女子』は、『単純な男子』と違い、
 状況次第で、『天使』にも、『獅子』にも、化けうる。

(……K5の中では、こいつと過ごした時間が一番多い。おおよそ『500日』……二年近く一緒にいた……それほど長く時間を過ごしたのに……俺は、こいつのことを、何もわかっていなかった……こいつは、方向性こそ違うが、トコや茶柱に匹敵するレベルでめんどくせぇ)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く