『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 基本的に、どうでもいい。


 14話 基本的に、どうでもいい。

「……カカロ〇トの場合、根源の思想はともかく、なんだかんだ、命をかけて、世界を守るでしょう? ソンキーは、世界に興味がありません。『質の高い経験値』を追い求めていたら、結果的に、悪を一掃していた……それだけの話です」

 さらに、黒木は、つらつらと、続けて、

「――『照れ隠し』や『偽悪』などではなく、ただただ、『そういう無機質な剣でしかない』……という、非常に人間味の薄いキャラクターなのです。とても、スーパーヒーローと呼べる器ではありません」

「……ふぅん、まあ、なんでもいいが」

「でしょうね。読んでもいない作品のキャラクターの詳細に対して強い興味を持つ方がおかしい」

 そう前を置いてから、

「とにかく、私は、ヒロインという概念に願望や憧れを抱くタイプではありません。『どうしようもないクズにはなりたくない』と思っておりますが、しかし、それと同じくらい、『品行方正な人間にはなりたくない』とも思っております。できれば、どうか、その辺をお忘れなく」

 強い目で、釘をさすように、
 そんな言葉をぶつけてきた黒木に対し、
 センは、酷く冷めた目で、

「……あ、そう、まあ、どうでもいいけどな。お前の作品にも、お前自身にも、さほど興味はないから」

 と、バッサリ切り捨てる。
 『ゴリゴリの本音』だから、切れ味もするどい。
 とはいえ、黒木も、別に、
 『センに対する異性的な意味での興味』はないので、
 特に傷ついたりすることはない。

 ただ『単純な疑問』は浮かぶゆえ、

「……では、なぜ、呼び出されたのでしょうか?」

 そう尋ねると、
 センは、

「きわめて単純な話だ」

 そこで、コホンと、セキを一つはさんでから、


「僕と契約して、ダウジングマシンになってよ」



 ★



 ――そこから先は、既定の流れ。
 実のところ、『カズナがいないことによるデメリット』を解消するすべは、
 最初のループの時から、ずっと考えていたので、
 特に問題なく、すべての事項を処理することが出来た。

(いてくれた方が、いろいろと助かるのは事実だが……壊れたカズナを抱えてやっていく心労を考えると、今みたいに、『多少の手間が増えるだけ』の方がマシ……)

 心の中でつぶやきつつ、
 センは、黒木というダウジングマシンと共に、
 夜の学校を練り歩く。

 これまでの100ループ同様、
 たまにアイテムを発見し、
 それを惜しみなく、図虚空にブチ込んでいく、
 それだけの簡単なお仕事。

 ここまでくると、もはや、アイテムを発見しても、
 まったく感情が動かなくなった。

 『結構なレアアイテム』なら、
 さすがに、『おっ』ぐらいは思うが、
 しかし、『それ以上の衝動』には届かない。


「ん……」


 五時間ほど、校内を歩き回り、
 軽くダレてきたタイミングで、
 黒木が、ピタと足を止めた。

「黒木、どうした?」

 センが、問いかけると、
 黒木は、軽く首をかしげて、

「奇妙な反応をキャッチしました……これは……なんでしょうか……『ダンジョンの反応』……だとは思うのですが……少し違うような……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く