話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 ソンキー・ウルギ・アース。


 12話 ソンキー・ウルギ・アース。

「……ちっ……こんな朝っぱらから……いい加減にしろ、ボケ、カス」

 そう言い捨ててから、電話を切ったカズナ。

 しばらく一緒に行動していた相手との決別。
 その余韻に少しだけ浸(ひた)ってから、


「これでいい」


 ボソっと、そうつぶやくと、
 センは、違う相手に電話をかける。

 数回のコールのあと、

「……はい……誰ですか?」

 カズナ同様、
 警戒して、自分の名前は名乗らない。
 美少女のファイアウォールは、基本的に、なかなか厚い。

 そんな彼女――黒木愛美に、

「お前が小三の時に書いていた自作小説の主人公の名前は……ソンキー・ウルギ・アース……間違いないな?」

「っっ?! な……なんで……」

「お前は、その自作小説を、茶柱祐樹にしか読ませていない。そして、祐樹は、『作品について誰にも言わないでほしい』というお前の願いを無碍(むげ)にするようなヤツではない。よって、言うまでもないが、あいつから聞いたわけじゃない」

「……」

「お前は手書き専門で、当然、ネットには一文字たりとも上げていないから、ハックによる盗み読みは不可能。原稿は、中学の時、すでに、自分の手で燃やしている。理由は、いつ死ぬかわからない世界に身を賭すようになったから。もし、お前が死んだら、当然、親が、お前の部屋を片付ける。その時、見られて恥ずかしいものは先に燃やしておいた――」

「――もういいです」

「まだまだ、お前について知っているぞ」

「……どうして……」

「会って話そう。全て、伝える」

 集合場所と時間を伝えてから、

「一つだけ命令。一人でこい。他のやつを連れてくるな。その理由も、全て話す」

「……」

「絶対に一人でこい。もし、この命令をシカトしたら、連れてきたヤツ、全員、殺す。大事なことなので、もう一度言う。連れてきたヤツは、全員、殺す。――俺がその気になれば、『トランスフォームをした紅院10000人』を相手にしても、アクビまじりに瞬殺できる。疑うなら、お前自身がかかってこい。お前も携帯ドラゴンを持っているんだから」

「……っ」


 ★



「つれてくるなっつったろうが……二度もよぉ」

 足元で倒れている『黒服グラサンの男』を横目に、
 センは、黒木を睨みつけて、

「黒木……どういうつもりだ? 俺をナメてんのか?」

「こうしたほうが、あなたの人間性が分かるかと思いまして」

 そう言いながら、黒木は、倒れているグラサンに近づき、
 脈・呼吸・眼球運動を確認したのち、

「……どうやら、殺してはいないようですね」

「……」

「電話で話した感じ……あくまでも『なんとなく』ですが……あなたは、非道な事はしないような気がしました。もし、あなたが『ヤバいサイコ』でも、私に用事があるのであれば、SPを殺すだけで、私には手を出さないだろうとタカをくくってもいました」

「……SPをカナリアにするんじゃねぇよ。そんなことして、心が痛まないのか?」

「私は、自分にとって大事な人以外は、何人死んでもかまわないと思っているタチですので」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く