『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 これでいいのだ。


 11話 これでいいのだ。


「……解放……された……え、ほんとに? え、なんで……」


 『カズナの解放』を願ってはみたものの、
 普通に『無理だね』と切り捨てられるだろうと思っていた。

 もしくは、先ほどの人類救済の時と同じように、
 『ウーハー! はい、カズナは救われたよ、知らんけど』
 の流れになると予想していたが、

「ふふん。言っただろ? 僕はそこらの神格とは格が違うんだ。君が何を願うかぐらい、最初から予想がついていた。だから、言われる前に叶えておいたよ」

 その声音や雰囲気から、
 『これは、ただの嘘ではない』
 と、センは思った。

 あくまでも『感覚』の話。
 しかし、とても大事なこと。

 ファントムトーカー同士にしかわからない言葉の重み。
 ――『ソレ』を、センは、ニャルの言葉から感じ取った。

 ニャルは、畳みかけるように、

「彼女の記憶……今のところ、まだ残っているけれど、今回のループから、彼女も『剣舞のターゲット』に入る。そして、次回以降は記憶も残らない。つまり、彼女は『君と出会う前の彼女』に戻る。君という支柱を失うことで、心のどこかにぽっかりと穴は開くだろうが、この地獄からは解放される。ちなみに、『心に穴があく』っていうのは、もちろん、『虚しさ』という精神状態をあらわす比喩で、実際に穴があくわけじゃないよ?」

「……」

「さあ、センエース。僕の凄さを称えるといい。あらん限りの絶賛で力の限り誉めそやすがいい」

 尊大な態度で、
 ナメ腐ったことを口にするニャルに、
 センは、


「……ありがとう……神様」


 心からの礼を口にした。

 その言葉が、あまりにも真剣だったから、
 ニャルは、ニヤニヤ顔を変えるコトこそしなかったけれど、

「お礼なんていらないんだからねっ」

 そう言って、まるで照れ隠しのように、
 ドロンと、煙のように、その場から、消え去った。

 静かな夜に独り、
 センは、天を見上げて、


「……綺麗な星空だ……」


 なんて、そんな、意味のない言葉をボソっと口にした。


 ★


 ――100周目、初日の朝。
 センは、『図虚空』と『銀の鍵』が、
 『間違いなく持ちこされているか』を確認してから、
 スマホを手に取り、
 すでに、完璧に覚えてしまった番号を入力した。

 数回の呼び出し音のあと、


「……はい?」


 名前を名乗らず、返事だけで様子をうかがうカズナ。
 明らかに『不振がっている彼女の様子』を受けた時点で、
 センは、ほとんど100%確信したのだが、
 一応、


「センです……」


「……せん? は? え? なに? それ、名前? え、誰?」


「……もうすでに、世界は100回くらい終わっているのですが……あなたに、その『世界終焉の記憶』はありますか?」

「……ぁあ? なに? キモ……どういう宗教の勧誘?」

「……」

 間違いなく、カズナの記憶の中から、
 『センエースの全て』が抜け落ちていることを確認してから、


「……すいません、間違えました。忘れてください」


 丁寧に謝罪するセンに、
 カズナは、

「……ちっ……こんな朝っぱらから……いい加減にしろ、ボケ、カス」

 そう言い捨ててから、電話を切った。

 しばらく一緒に行動していた相手との決別。
 その余韻に少しだけ浸(ひた)ってから、



「……これでいい」



 ボソっと、そうつぶやいた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く