『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 ファイナルアンサー?


 10話 ファイナルアンサー?

「君たち人類の知性では理解できないだろうけど、特別に教えてあげるよ。実はねぇ……マイナスにマイナスをかけると……プラスになるんだよ!」

「まあ、確かに、その部分に関しては、実際のところ、大して理解できていないが……」

 と、軽く流していくセンに、
 ニャルは続けて、


「特別に、もう一つだけ、数学的真理を教えてあげよう。なんと、円周率の最後の数字は……4なんだよ!」



「……そうですか……」

「ちなみに、今の僕のセリフは、かなりの伏線だよぉ。どのぐらい大きな意味を持つ伏線かというと……」

「というと?」


「実は…………」


「謎にタメんなよ、鬱陶しい」



「ファイナルアンサー?」



「答えるのは俺じゃねぇ、お前だ」

 そこからさらに数秒ほど、無駄に溜めたのちに、
 ニャルは、カっと目を見開いて、




「――『シュタイ〇ズゲートと同じぐらいの意味』だよ!」




「特に意味はねぇじゃねぇか!」

 最後に、そう叫ぶと、
 センは、深いタメ息をついてから、
 続けて、

「……お前と話していても時間の無駄だということがよくわかった。というわけで、俺は、もういくぞ……アイテム探しまくって、図虚空を強化しないといけないからな」

 そう言って、踵を返しつつ、
 心の中で、

(……クトゥルフ・オメガバスティオン――『オメガ』を倒さない限り、この地獄は終わらない……思ったよりもシンプルな展開で助かったが……しかし、目標の強さが、あまりにも高みにありすぎる……これ、下手したら、1000回ループしても、無理なんじゃ……)

 などと、つぶやいていると、
 その背中に、ニャルが、


「あれ? もう願いごとはないのかい?」


 などと、言葉を投げかけてきた。
 センは、ピタリと足をとめて、

「……え? まだ、願いを叶えてくれるの?」

「今の僕は、ちょうど、ヒマしているからね。軽くみられるのはムカツクから、『なんでもかんでも』は叶えてあげないけど……『本当に叶えてほしい願い』があるなら、内容しだいでは、『降水確率30%』ぐらいの割合で、叶えてあげなくもないから、試しに言ってみるといいんじゃないかな」

「……雨の30%って、『傘をもっていくかどうか』を一番悩む、『もっとも微妙なライン』じゃねぇか……」

 などと、軽く切り込んでから、

「……」

 センは、コンマ数秒の間をおくと、
 うかがうような声音で、

「じゃあ……久剣カズナを、このループから解放してやってくれ」

 と、真摯な質問をすると、
 ニャルは、即答で、

「それはムリだね」

 と、バッサリ切り捨てた。

「……なんだよ、ちくしょう……じゃあ、いいよ。今のところ、他に叶えたい願いなんてない」

 と、センが、『まあまあ普通に不機嫌』になりながらそう言うと、
 ニャルは、いつも以上に、ニタァっと黒く笑って、



「すでに、久剣カズナは、ループから解放されている。解放されている者を、もう一度解放することはできない。どういう状態にしたらいいか分からないからね」



「……え……」

 普通に衝撃が過ぎて、処理落ちしているセン。

「……解放……された……え、ほんとに? え、なんで……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く