『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 黒く、輝け、トラペゾヘドロン。


 4話 黒く、輝け、トラペゾヘドロン。

「よし、いいぞ。なんでもいいから、起これ、イベント。この閉塞状態を打破できる『何か』になってくれ」

 などと祈っているセンの視線の先で、
 ウムルの死体は、グニャグニャと蠢き、
 ギュギュッっと、小さくなっていく。

 数秒で『黒く輝く多面体』の結晶になった。



「……トラペゾ……ヘドロン……」



 その黒い多面体を見た時、
 なぜだかわからないが、
 センは、ソレが、間違いなく、
 『トラペゾヘドロンである』と認識した。

 デジャブと呼ぶにはあまりにも鮮明すぎる認知。

 だが、そんな『自身の疑問』に対する回答を、
 『今、この場で導きだすのは不可能である』、
 という事も理解できたため、



「……黒く……輝け……トラペゾヘドロン……」



 センは、
 その黒い多面体を握りしめながら、
 なぜか『頭の中に浮かんだフレーズ』を口にしてみた。

 すると、
 黒い多面体が、
 ブルブルと震えながら、
 より強い黒色で発光しはじめた。

 輝きは、いつしか粒子となって、
 パラパラと世界に舞い散って、
 一つのシルエットをつくりだす。

 次第に、
 シルエットは、影となり、
 影は、

 黒肌の美青年となった。





「ふぅ……ひさしぶりだね、センエース」





 黒肌の美青年は、ニィとイタズラな笑顔を浮かべてそう言った。

 想定外の挨拶に対し、
 センは、訝(いぶか)しげな表情で、

「ひさしぶり? あんたと会うのは初めてだと思うんだが? あと、なんで、俺の名前――」

 センの言葉を遮るように、
 その美青年は、食い気味に

「もちろんそうさ。僕と君は、今日、今、この瞬間こそが、初対面。はじめまして、よろしく、どうぞ」

 その『過剰なほど飄々とした態度』に、
 センは、普通に『不愉快極まりない』という顔になり、

「……イラつくな、お前……」

「まれによく言われるね」

「……」

 心底しんどそうな顔が止まらないセン。
 そんなセンの表情に満足したのか、
 美青年は、尊大な態度で、


「僕の名前はニャル。ん? かわいらしい名前だって? 知っているさ。だから名乗っているという側面もなくはない……ま、嘘だけどね」


 そのイカれた自己紹介を受けたセンは、
 眉間のシワをグっと寄せて、

「お前について、俺は何一つ知らないが、一つだけ確かに言えることがある」

「へぇ、なにかな?」


「俺、マジで、お前、きらぁい」


「くくくくくっ」

 ニャルは、心底楽しそうに笑ってから、

「安心するといい、センエース。僕も、君のことが嫌いだ。もしかしたら『もはや好きなのかもしれない』と勘違いしてしまうかもしれないほどに、僕は、君のことが大嫌いだ」

 などと言いながら、ニャルは、
 空中に、小さな太陽を創り出して、

「よっこらしょ、っと」

 などと言いながら、その太陽に腰かける。

 センは『その光景』に、なぜだか強い既視感を覚えた。

(……鋭角なデジャブ……なんなんだ、この感覚……)

 モヤモヤする気持ちを解消させたくて、
 頭の中を探ってみるが、
 答えを導く出すことはできなかった。

(……まあいい……こんなデジャブ、今はどうでもいい……それよりも……)

 無意味なモヤモヤを意識の中から外して、
 センは、


「ニャル……一つ聞きたいんだが……もしかして、お前は……アウターゴッドか?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く