『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 再戦。


 3話 再戦。

 ――二日目の夜、
 ウムルとの闘いで、センは、

(……今の俺なら……おそらく殺せる……俺は強くなった……)

 ノーダメージで、ウムルを殺すことを決意した。

 これまで、何度も地獄を見てきた結果、
 図虚空が、すさまじい勢いで成長していた。

 図虚空だけではなく、
 セン自身も、体術が飛躍的に成長している。

 何度も、何度も、GOOを殺し続けた結果、
 神経のすべてが『命を奪う事』に適応してきた。

(……ほかの選択肢は全て潰した……残るは……もう、ここだけ……)





『――【ウムル=ラト】のノーダメージ撃破を確認。【壊れたウムル=ラト】を召喚します』





 ノーダメージでフィニッシュした直後のこと。
 奇妙な音声が、センの脳内に響いた。

 奇怪なジオメトリが空中に描かれて、
 その向こうから、

「……プハァ」

 禍々しいオーラに包まれたウムル=ラトが出現した。


「クシュー、コホー」


 完全に飛んでいる目。
 異様な雰囲気。
 明らかに壊れている。


「ギャガヤガヤガァアアア!!」


 無意味に叫び散らしながら、

「ビャァアアッ!!」

 センに向かってとびかかってきたウムル。

 センは、その初手に対し、

「見える……見えるぞぉおお!」

 はじめて戦った時は、
 手も足も出なかったが、
 成長したセンの目には、
 ウムルの姿がハッキリと見えた。

「俺は……強くなった!」

 そう叫びながら、
 センは、カウンターで、ウムルの心臓に図虚空を突き立てる。

「伊達に地獄は見てねぇぜっ!!」

 と、無意識の内にテンプレをはさみながら、
 センは、軽やかに、ウムルをメッタ刺しにしていく。

 時折、反撃をくらったりもするが、
 しかし、耐久面も相当に上昇しているので、
 数発程度では、よろけることすらなかった。

 センは、これまでの鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように、
 ウムルとの『高次戦闘』に没頭した。

 もはや、『他のGOO』との戦闘は、
 クソたるい作業ゲーでしかないため、
 『戦闘の高揚感』や『勝利の達成感』というものは得られなかった。

 別に、ソレらを強く求めているわけではない。
 しかし、やはり、
 『自分が強くなったこと』を実感でき、
 その上、
 『美しい戦闘が出来ている』という満足感も得られる現状に対し、
 一定以上の『楽しさ』を感じてしまう。

 普通に不謹慎(ふきんしん)だと思いながらも、
 センは、

「いいぞ、ウムル! さすがに、強いぞ、ウムル! かっこいいぞ、ウムル!」


 戦闘ハイになりながら、
 艶(あで)やかに舞う閃光。

 二時間ほど続いた戦闘は、


「じゃあな、ウムル! 久々に、ちょっとだけ楽しかったぜ!」


 センの『一閃』によって、

「ギッ……ギャァ……ガァア……」

 ウムルが一刀両断されることで幕を閉じた。


 ――地に落ちたウムルの死体を見つめながら、
 センは、心の中で、

(さぁて……どうなる? 何か、新しいイベントは起こるか? もし、何も起こらなかったら……うん、今は、そっちの方がイヤだな……『だいぶメンドくせぇ流れ』でもいいから、とにかく、何か、変化よ、起こってくれ)

 などと思っていると、
 ウムルの死体が、
 ヴヴヴッ……
 と音をたてて発光しはじめた。

「よし、いいぞ。なんでもいいから、起これ、イベント。この閉塞状態を打破できる『何か』になってくれ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く