話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

107話 ああ、たぶんな。


 107話 ああ、たぶんな。

「陛下、ご心配なく。音声データは消えておりますが、しかし、私の心をかき消すことは不可能。陛下の言葉を忘れることなど、出来るはずがありません」

 晴れやかな顔で、
 そう宣言してから、

「このループを抜けたあかつきには、『陛下の言葉』と、その『ご活躍ぶり』を記した本を出版し、世界中に拡散する予定でございます。とりあえず、最初の目標は聖書を置き去りにすること。次の目標は――」

「久剣一那よ。貴様の王として命じる。俺の言葉を、全て忘れよ」

「前向きに善処する方向で検討します」

「まさかの完全否定?! この配下、全然、忠実じゃない!」

「目を閉じれば、今でも、頭の中で、あの日の言葉が鮮明に再生されます……『ここには、まだ、俺がいる』『背負ってやるよ。全員の命を、この背中で、引き受けてやる』『すべての絶望を殺してやる。すべての命の希望になってやる』」

「やめて、やめて! エグいほど恥ずい! そういう『ハイテンション補正』がかかったセリフを、あとでほじくり返されるのが、個人的には、一番キツい!」

「――『カズナ、俺はお前の王になるために生まれてきた』――」

「? あれ? 俺、そんな事、言った? ……いや、言ってないよね? あれ? もしかして、お前、別の世界線の記憶を持っていらっしゃる? ……いや、どの世界線であったとしても、俺が、そんなことを言うはずが――」

「王は、壁にドンッと手のひらを押しあてて、『カズナ、お前の命は俺のものだ。愛も心も全て捧げろ』そう言いながら、カズナの顎に手をかけて、クイっと――」

「あ、これ、妄想だ! それも、夢女子系の、すごく痛い妄想だ! ウソだろ?! お前、まさか、そのクソ妄想を本にまとめて、聖書を置き去りにするレベルで、世界にバラまくつもりか?! 正気の沙汰じゃない!」

「狂気の沙汰ほど面白い」

「その狂い方はガチで怖いヤツなんだよ! てか、なに、クールなノリで、俺のスタイルに合わせてきてんの?!」

「これだけ濃い時間を共に過ごしていれば、スタイルを把握することなど容易でございます、陛下」

「ということは、俺が『嫌がること』も、当然理解できているよね? 頼むから、『俺の言葉をまとめた本を出す』なんて、そんなイカれたことはしないでね?」

「前向きに――」

「検討するんじゃねぇ! なぜ、そんなにも頑(かたく)な?!」

 おだやか……
 とは言えないものの、
 しかし、ゆっくりとした時間が流れていく。

 カズナの『狂気』には、
 軽く恐怖を覚えたものの、
 しかし、『冗談だろう』と、軽く流すことで、
 精神の安定をはかるセン。

 そんなセンに、
 カズナは、目を細めて、


「……少しはリラックスできましたか、陛下?」


「……」

 カズナの優しい質問に対し、
 センは、数秒だけ悩んでから、

「ああ、たぶんな」

 ――メンバーの性質が濃すぎるせいで、
 いろいろと、グダグダ・ゴチャゴチャとはしたものの、
 温泉、マッサージ、サウナ、水風呂、全身運動、コーヒーブレイクと、
 『肉体&精神』にとっての『ご褒美』が連発したことで、
 それなりに、リラックスすることはできた。

 彼女たちが、必死になって、
 『労(いた)わろうと頑張ってくれた』ということが、
 純粋に嬉しかったりもした。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く