『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

106話 刻まれていますとも。


 106話 刻まれていますとも。

「……こっちこそ感服するよ。あんたは、本当に一流だ」

 思わず、深いタメ息をつきながら、
 センはそうつぶやいた。

「ありがとうございます」

 田畑さんは、深く頭を下げてから、

「一つだけ、付け加えさせていただけるのであれば、閃様は、本当に、和服がお似合いです。というよりも、洋服が、一ミリも似合っておりません。髪質に気品がなく、目つきがすこぶる悪く、纏っている雰囲気がハッキリと『陰気』なので、『華やかな色合いの様相』は完全にミスマッチ。今後も、衣服を選ぶ際は、暗色の和服を中心に据えることをお勧めさせていただきます」

「……あれ? この人、本当に、ただの正直者かも……」



 ★



 次に案内されたのは、
 3階のカフェ。
 金で磨き抜かれた華やかなスタイルだが雰囲気は落ち着いている。
 決して下品ではなく、ただただ荘厳。

 バカ高そうなカップに注がれたコーヒーを飲みながら、
 壁一面に広がる大きな窓の外を眺める。

(……いい天気だ……)

 静かで、豊かな時間。

 ゆったりとした雰囲気を、
 純粋に楽しんでいると、
 そこで、

「少しは、リラックスできましたか、陛下」

 『天井の住人』こと『久剣カズナ』が、
 センの隣の席に腰かけながら、
 そう声をかけてきた。
 センは、窓の外を見つめたまま、

「独りでコーヒーを飲むことに集中できた『今この瞬間』だけはな。浴室にいる間は、ずっと地獄だった。次から次へと刺客が送りこまれて、嵐の海にいるようだった」

 本音を並べてから、
 カズナに視線を送り、
 軽やかに指をパチンと鳴らしながら、

「我が忠実なるシモベよ。マサヨシに、集合をかけよ。此度(こたび)の失態の責任を追及したのち、左ジャブで鼻をヘシ折ってやるゆえ」

「おおせのままに」

 そう言って、迷わず紅院正義を呼び出そうとするカズナに、

「電話を切れ、愚か者。お前は出来の悪いAIか。どう考えても、ただの、クソつまんねぇ冗談だろうが。流せ、流せ。俺の言葉なんざ、基本、バグり散らかしているんだから、真剣に耳を傾ける必要性は皆無」

「陛下の言葉だけが、私の全てを照らす光であり、大いなる道標でございます。ゆえに、一言一句たりとも聞き逃すことはありえません。それどころか、可能な限り、全ての文言を記録記述保存しております」

「んなもん保存してどうするんだよ……まさか、茶柱みたいに、失言をネタにして脅す気か?」

「いえ、『陛下の言葉を、後世に残す際』に必須だろうと思いまして」

「……脅される方がはるかにマシなムーブだった……っ」

「残念ながら、音声記録は、ループのたびに消えてしまいますが……」

「この地獄ループにはデメリットしかないと思っていたが、まさか、そんなメリットが隠されていたとは……なんて皮肉な話なんだ……」

 タメ息をつくセンに、
 カズナは、

「陛下、ご心配なく。音声データは消えておりますが、しかし、私の心をかき消すことは不可能。私の心の深部には、今も、陛下が口にした言葉の一つ一つが、鮮明に刻まされております。ええ、刻まれておりますとも。陛下の言葉を忘れることなど、出来るはずがありません」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く