『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

105話 田畑さんは超一流。


 105話 田畑さんは超一流。

 ミレーは、上気した頬と、トロけた視線でもって、

「……そっちが悪い……」

 と、小さく、そんなことを言いながら、
 かわいらしく唇をとがらせた。

 その仕草・言動の全般が、
 セン的に、ドストライク。

 紅院美麗の『女性』としての部分は、
 センの『タイプ』にガッツリとハマり切っている。

 豊かな胸、きめ細やかな肌、スラっと伸びた肢体、
 我の強そうな切れ長の目、艶やかな長い髪。


 ――『見た目のタイプ』という点だけで言えば、
 セン的には、紅院美麗こそがK5の中で最強。

 茶柱罪華の見た目も、セン的に『相当タイプ』なのだが、
 『中身シカトで、100%見た目だけで、どちらか一人を選んでください』
 と言われた場合、センは、紅院の方を選ぶ。

 それほどの美女にグイグイこられて、
 センの頭は、普通に沸騰しかけていた。

 もし、センが生粋の『モンスター童貞脳』でなければ、
 ここで『初体験』がおっぱじまっていたことだろう。

「ちょっ……ちょっと、用事を思い出したっ」

 もちろん用事など思い出していないが、
 しかし、チキン童貞のセンは、
 紅院の視界の範囲内にいることが耐えられなくなり、
 脱兎の勢いでプールから上がり、
 そのまま、一度も振り返ることなく浴槽を後にした。



 ★



 浴室を抜けて、脱衣所に出ると、
 タオルを持っているに田畑さんに出迎えられた。

「お疲れ様でした」

「ええ、ほんとに」

 皮肉を口にしつつ、
 センは、田畑さんの手からタオルを受け取る。

 吸水性がハンパないバスタオルなので、
 体の方は、一拭きで一撃。
 短髪なので、ササっと撫でればOK。

 水着は、特殊撥水加工を受けているのか、
 そもそも、ほぼ濡れていなかった。

「上着は必要でしょうか?」

 そう言いながら、田畑さんがパンパンと手を鳴らすと、
 スタンバイしていたスタッフが、
 5人ほどゾロゾロと登場して、

「必要であれば、お好きな上着をお選びください」

 田畑さんのセリフを合図に、
 5人は、両手に持っている様々なスタイルの上着をセンに見せつけてくる。

「……じゃあ、そのジンベイっぽいので」

 選んだのは、紺の甚兵衛羽織。
 ゆったりとしたスタイルで、非常に風通しがいい。
 背中には軽く和柄が仕込まれており、
 肌ざわりが、非常に心地いい。

「すばらしい! 非常に似合っております!」

「紅院とは『比べるのも失礼』なレベルの『極まって破格の接待力』だが……しかし、ジンベイを羽織っただけで褒められても、バカにされているとしか思えないんで、やめてもらえます?」

「その謙虚さには感服いたします!」

「……すごいな。最初から一貫して『本気で言っている』ように聞こえる。あんたの『お世辞力』は抜群だ。おそらく世界最高クラスだろう」

「お褒めにあずかり光栄ですが、しかし、私は『お世辞が下手なことで名をはせている』ほどの正直者で、過去に、何度か、正直すぎることが原因で大きな失敗もしておりまして……そのため、以降は、『本当に思った褒め言葉』しか口にしないようになったのです」

「……こっちこそ感服するよ。あんたは、本当に一流だ」

 思わず、深いタメ息をつきながら、
 センはそうつぶやいた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く