『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

104話 どっちが悪い?


 104話 どっちが悪い?

 ジュースをかけて行われた第一回チキチキ水泳対決は、

「あー、負けたー(棒) くっそー、足さえ、つらなければー(棒)」

 『紅院美麗の大敗』という形で、アッサリと幕を閉じた。

「仕方がないわね。両足をつってしまったことが原因とはいえ、負けは負け。……約束通り、判を押すわ」

「どこに何の判を押すつもりか知らんが、とりあえず、俺たちの間に交わされた約束は『勝った方がジュース一本おごってもらう』という、それだけの単純な話でしかなく、それ以上にも、それ以下にもなりえない、きわめて純粋で理性的な契約だ」

 呆れ顔でそう言いつつ、

「というか、お前、接待が下手すぎん?」

「接待? 何を言っているのかわからないわ。私は真剣勝負であなたに負けた。それだけの話よ。くっそー(棒)」

「……接待力だけで言うと、茶柱の方がはるかに上だな。恥じた方がいいぞ。接待力という『一般技能』で、あいつに劣るっていうのは、相当な大問題だ」

「……あの子は、常時、豪快に『頭がおかしいフリ』をしているだけで、実際のところは、ド器用なオールラウンダーだから、負けても恥だとは思えないわね。『アレよりも異常』と侮蔑された場合は、さすがに話が別だけど」

 そう言いながら、
 紅院は、センに近づいてきて、

 ソっと、ゆるかに、どこまでも自然に、
 正面から、センを抱きしめた。

「………………なにしてる……?」

「美女からのハグは『勝者』が有する基本的特権の一つよ」

「その特権、放棄してもいいですか?」

「いいわよ。ただし、その意思表示として、私の顔面にグーパンを入れてもらうけれど」

「……」

「ヒーローとしては、ヒロインの顔面に拳を叩き込むのは、あまりにも難易度が高すぎた? なら、少しハードルを下げてあげるわ」

「ありがたいねぇ」

「私のハグに応えて、力強く抱きしめ返してきたら、権利を放棄したとみなしてあげてもいいわ」

 軽やかに退路を削り、
 勝利の扉をあけっぱなしにしていく紅院。

 接待力は低いが、
 女子力は決して低くない。

「……」

 穏やかに、駆け引きの時間が流れていく。

 センは、5秒ほど、頭をフル回転させてから、

「……ナメんなよ」

 そうつぶやくと、
 センは、紅院の背中に腕をまわして、
 彼女の体をギュっと抱きしめ返した。

「っっ!」

 抱きしめ返されるとは思っていなかったミレー。
 全身がビリビリとしびれた。
 脳がグワっと熱くなる。
 自分の『形』が鮮明に理解できた。

 体表がピリピリしている。
 全身を包み込む幸福の電気。

 熱くなって、トロけて、
 だから、ミレーは、反射的に、
 先ほどよりも遥かに力強く、
 センの体をギュっと抱きしめた。

 貪るように、センの肉体を求めるミレー。

 我慢できなくなって、
 センの股間に、手を伸ばしてしまったところで、

「――いやいやいやっ!」

 センは、グイっと、彼女を押し離し、

「シャレにならん!」

 と、ガチめに叱りつけるセンに、
 ミレーは、上気した頬と、トロけた視線でもって、

「……そっちが悪い……」

 と、小さく、そんなことを言いながら、
 かわいらしく唇をとがらせた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く