『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

103話 第一回っ!! チキチキ! 水泳対決ぅ~っ!

 103話 第一回っ!! チキチキ! 水泳対決ぅ~っ!

 サウナを出たセンは、水風呂を一発かましたあと、
 軽く体をうごかしたくなったので、 
 奥に設置されている温水プールに向かった。

 本来であれば、5分ほどベンチに腰かけて、
 外気浴に浸ることで、自律神経を整わせるところだが、
 色々ありすぎたせいで、
 のんびり、そのステップに浸ることは出来そうになかった。

(でけぇプールだなぁ……)

 長さ50メートル、幅10メートル、深さ5メートルのしっかりとしたプール。
 非常に清潔で、張られている水も、ピカピカと光を放っている。

(全部に、ちゃんと金をかけている……初期投資はもちろん、整備にも、掃除にも……)

 心の中で、この店の『ありよう』に対して称賛を送りつつ、
 ザブンと、一気に、肩まで浸水。

 頭の中をカラにしようと、
 大胆なクロールで、水をかきわけていると、
 そこで、人の近づいてくる気配を感じた。

 もはや、ある程度の予想ができていたので、
 特に驚くこともなく、
 むしろ、

「……『第一回チキチキ水泳対決をしよう』なんて言い出さないだろうな」

 食い気味に、そうかましてみせるセン。

 そんなセンに、
 『彼女』は、

「負けた方が勝った方と結婚するというのはどう?」

 などと、だいぶ『ふざけたこと』を口にした。

 センは、呆れ顔を見せて、

「……勝っても負けても結果が同じだな」

「あら、バレた?」

 シレっとそんなことを言う、水着姿のミレー。

 スラっとした長身ボディに、
 『ハンパなく足が長く見えるハイレグの競泳水着』をあわせているので、
 現状の『彼女の足の長さ』は、
 体感だと、余裕で2メートルをこえている。


「俺が勝ったら、300人委員会を含むお前ら全員に、『間接的な意味も含めた完全接近禁止命令を出せる』というのはどうだ?」


 その提案に対し、
 ミレーは、コクリと頷き、

「前向きに善処する方向で検討するわ」

 と、非常に『ポジティブ』かつ『アクティブ』な答えで返した。

「お前ら親子は、『俺の要求に応えたら死ぬ病気』にでもかかってんのか?」

 タメ息をつきながら、
 『やれやれ』と言った感じで首を横に振るセン。

 そんなセンに、ミレーは、

「私が負けることはありえないから、あなたが勝った場合を考える必要はないわ」

 と、
 挑発的な言葉を投げかける。

「言うじゃないか、お嬢ちゃん」

 センは、鼻で笑いながら、

「ちなみに、お前は、勝利した時、俺に何を要求するつもりでいる?」

「なにも。私が勝つのはただの必然。必然に報酬を求めるほど、私は、あさましくはないわ」

「……上等じゃないか」

 センはそう言うと、
 盛大に見栄を切って、


「ルールは、チャージ3回。ノーエントリー。フリーオプションバトルでいいな」


「……はぁ?」

「気にするな、ただのテンプレだ」

 そう言いながら、
 軽くストレッチをしつつ、
 壁際に立つと、

「フリースタイルで端から端まで泳いで、先についた方が勝つ一発勝負。負けた方は勝った方にジュースをおごる。それでいいな?」

「まって。おごるのは何本? 5000万本? それとも、1億本?」

「俺は、業者じゃねぇんだよ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く