『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

102話 3本勝負。

 102話 3本勝負。

「そんなに、ツミカさんに、キスしてもらいたいのかにゃ?」

「お前の場合、『ホンマもんのハードめなヤツ』だから、引くにひけねぇんだよ」

 心底しんどそうな顔でそう言うセン。

 そんなセンの感情などシカトして、
 茶柱は、息を荒くして、体をくねらせつつ、

「うぅぅ、あついにゃ、きついにゃ、死んじゃうにゃ。でも、絶対にキスはしたくないから負けるわけにはいかない……ど、どうしてツミカさんがこんな酷い目に……ゆ、ゆるせない……絶対に許さない……」

「恨みがましい目で睨まれる意味が一ミリも理解できん! 一から十まで、ぜんぶ、お前が勝手にはじめたことだろうが!」

 それから一分ほど、
 茶柱は、熱さにもだえ苦しんでから、

「うぅ……も、もう無理にゃ!」

 そう言うと、
 ほとんどノールックの1フレムーブで、

 ――センの頬に、唇を押し当てた。
 7秒ほどの、ちょっと長いキス。

(……ぇ、ぇえ……っ)

 まさか『マジでしてくる』とは思っていなかったセン。
 だから、普通に固まっていた。
 理解が追い付かない。
 感情が置き去りにされている。


「ぺっぺっ、汗が口の中に入ったにゃ! キモいにゃ! 訴訟も辞さない構えにゃ!」


 手の甲で、ゴシゴシと、自身の唇を拭いてみせる茶柱。

 ――その様子を直視することで、
 ようやく、『自身の現状』を理解したセンは、
 普通に、うろたえながらも、
 どうにか、再起動を果たし、

「……か、完全にあたり屋じゃねぇか……っ」

 どうにか言葉をひねだしたものの、
 なかなかの噛み具合で、
 そうとうに滑稽だった。

 その無様さをツッコまれたら、
 『だいぶしんどいな』などと思っていたが、
 しかし、茶柱は、センの狼狽(ろうばい)を指摘することはなく、
 ただただ、『自分の言葉』だけを、
 丁寧に並べていく。

「そもそも、『我慢勝負』でセンセーに勝てるわけがないのにゃ! こんな理不尽な勝負でツミカさんの唇を奪うだにゃんて……外道もここに極まれりだにゃ!」

 そんな捨て台詞を撒き散らして、
 ツミカはサウナルームから出て行った。

 去り際にチラ見したツミカの顔は、
 かなり真っ赤になっていたが、
 それは、もちろん、サウナの熱気のせいだろう。


 ――イカれた悪魔が去って数秒。
 落ち着いた静寂の中、
 センは、身動き一つせず、その場でかたまっていた。

 ゆがんだ余韻の中で、
 センは、まとまらない思考を横目に、


「……ぁ、あいつは、『俺に嫌がらせしないと死ぬ病気』にでもかかってんのか」


 などと、中身のない言葉を口にしつつ、
 ツミカにキスされた頬をさする。
 ジンジンと妙な熱を放っているほっぺた。

 『違う』とわかっていながら、
 しかし、センは、その妙な熱を、

「……ここのサウナ、温度、バグってんな……」

 サウナのせいにした。
 『滑稽さ』が、どんどん積み重なっていく。

 揺さぶられまくった心がピリピリと痺れている。
 鬱陶しいと思いながらも、しかし、センは、
 どうしても、その鬱陶しさを嫌いになれなかった。

(……この店に来てから、ずっと、しんどい……『このウザさを受け入れる代わりに世界が救われる』というのなら、まだ我慢もできるが……しかし、もし、これだけの目にあっていながら、それでも、剣翼が舞うようなことがあったら……俺は、おそらく、次のループで、紅院正義の鼻に、キツめのグーパンをいれてしまうだろう……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く