『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

98話 涙。

 98話 涙。

「閃、ちょっと、こっち向いてくれる?」

「……え、なんで?」

「ええから、ええから」

「……」

 トコは、
 普通に顔を赤くしつつも、
 しかし、ゆるぎない意志をもって、
 センに、ソソっと近づき、
 両手で、センの両肩を揉み始めた。

「……え、なにしてんの……?」

 あまりに謎が過ぎる状況に、
 ただただ困惑しているセンに、
 トコは、

「……お礼……」

 時間がたつにつれて、
 トコの顔は、どんどん赤くなっていく。

 別に、トコは『男に慣れているビ〇チさん』ではないので、
 『水着の状態で、一緒に風呂に入りながら、向かい合って肩を揉む』、
 という、この『青年誌が暴走したような状況』に対して、
 『恥ずかしさ』を感じていないわけではない。

 というか、むしろ、心臓が爆発しそうなほど、
 ドキドキがエグいことになっている。

 本当なら、『もう、無理! はずい!』と叫びながら逃げ出したいところなのだが、しかし、彼女は、必死になって、センに対する『礼』を実行している。

「閃……がんばってくれて、ありがとう。……あんたはすごい。世界一の男や」

 全力で、感謝を伝えていく。

 そんな『彼女の想い』が、
 つい理解できてしまったため、
 センは、

(ちょっ……いや……えぇ……)

 『逃げる』とか『やめさせる』とか、
 そういう選択肢をとることができなかった。

 トコの行動が、仮に、
 いわゆる『茶柱的なギャグのノリ』だったなら、
 普通に、トコの頭をシバいて、

『俯瞰で見てみろ! ヤバすぎるだろ、この情景! いい加減にしろ!』

 と、全力で叱りつけていくところだが、
 『トコの想い』があまりにもまっすぐだったため、
 受け入れざるをえなかった。

 センエースは、
 相手が『クソ野郎』だった場合、
 『空気』ごと殺していくデストロイスタイルを貫くが、
 しかし、
 相手から『本気の想い』をぶつけられている時は、
 『その全て』を、正面から受け止め尽くせる度量と器量を持つ、
 という、そんな、ある意味で『クソお人よし』なバカ野郎でもある。

 だから、センは、彼女の『礼』を全身で受け止めた。
 目を落とせば、そこには、
 水着に寄せられた『胸の谷間』があるので、
 必死になって、下だけは見ないように、
 『どこかしら』に目線を放り投げてみたり。

 下腹部に血液が集まりそうになるのを、
 奥歯をかみしめることで制してみたり。

 呼吸が荒くなりそうだと気づいて、
 つい、息を止めてしまって、
 顔がパンパンになったり、

「……」

 言葉に出来ない時間が過ぎていく。
 たがいに、『直接的』には表に出せない『思春期な感情』を、
 はたから見れば全力投球しつつ、

 両者は、たおやかに『お互い』を受け入れた。
 優しいだけの時間が、トクトクと、静かな脈を打つ。


(全身がしびれる……脳が溶けているみたいだ……)


 心の中で、そんなことをつぶやくセン。
 気づけば、両目から、涙が流れていた。
 音もなく、ゆるやかに、デリケートに。

 自分が涙を流しているということに気づいたセンは、

(……俺、泣いているのか……なんでだよ、アホか……この状況で泣くって、どういうことだよ……意味がわからん……あまりにも、バカバカしい……みっともない……つぅか、キモすぎる……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く