話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

97話 世界一の美少女を侍らせてお風呂に入る命の王。

 97話 世界一の美少女を侍らせてお風呂に入る命の王。

「こうしてみてみると、筋肉とかは、普通なんやなぁ。というか、ジブン、結構なヒョロガリやなぁ」

「……えぇ……うそぉん……」

 振り返って、声の主を確認すると、
 そこには、当たり前のように、
 水着姿のトコが立っていた。

「……え、何してんの、お前……」

 本気の疑問をぶつけてみると、
 トコは、作りこまれた『すまし顔』で、

「何って……いうまでもないやろ? 世界一の美女を侍(はべ)らして風呂に入る……これぞ、男のロマン! 一生に一度ぐらいは叶えたい夢! 究極の願望! ならば、OK! 叶えてあげましょう! この幸せ者! ラッキーボーイッ!」

「……いらんいらんいらん」

「まあまあ、そう言わんと」

 そう言いながら、トコは、当たり前のように浴槽の中に入ってきて、センの隣に腰をおろす。

「ええ湯やなぁ」

「言ってる場合か」

 言いながら、ほとんど反射的に、軽く距離を取るセンに、
 トコは、

「離れんでええやないか。むしろ、もっと近づきぃや。ほら、肩を組むくらいやったら、ギリギリ許すで? あ、でも、ガッツリ来るんは、まだちょっと勘弁してほしいなぁ。申し訳ないけど、まだ、心の準備が足りてないねん。あたし、経験値不足かつ普通に臆病やから。もうちょっと、時間をくれたら、普通にイケると思うんやけど、ほら、まだ、お互いの――」

「ちょっと黙れ。しんどいから」

 タメ息交じりに、右手で頭を抱えて、

「ここって、普通に男湯だろ? 混浴とかじゃないよな?」

「もちろん、普通に男湯やで。けど、貸し切ってるからなぁ。何したって別にかまへん」

「……こっちは、大いにかまうんだよ……つぅか、逆に考えてみろ。貸し切りだからって、俺が女湯の方に突撃をかましたら、お前、どう思う?」

「だいぶヤバい変態やなぁ、ってドン引きする。あんたの場合に限り、ギリ我慢するけど、他の男がソレをしたら、問答無用で下腹部をエグリとる。絶対に許さへん。ありとあらゆる絶望を与えた上で殺す」

「……そのぐらいヤバいことを、あなた、今、俺に対して実戦中なのですが?」

「あたしは、『ハンパない美少女』やから問題は皆無。基本的に、美少女は、何をやっても『萌え』の一言ですまされるから」

「……まあ、『世の傾向』という視点で言えば、その戯言も、あながち否定しきれないが……」

 仮に、不細工なオッサンが、街中で唐突に奇声を上げたら、
 結構な大事件として扱われるだろうが、

 美少女が、街中で唐突に奇声を上げた場合、
 『痛い子』という特殊属性が付与されて、
 『一部の層』の男子が萌え狂う。


「閃、ちょっと、こっち向いてくれる?」


「……え、なんで?」

「ええから、ええから」

「……」

 どうしたものかと、一瞬、悩んだものの、
 この状況で、
 変に『狼狽(うろた)えている姿』を見せる方が恥ずかしい、
 という『純粋な中高生的思考』にいたったセンは、

「……」

 あえて、
 『逃げる』のではなく、
 『別に、この状況ぐらい、大したことありませんけど?』
 的な雰囲気を出しつつ、
 『トコと向き合う』という決断をくだした。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く