『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

96話 ロマン。

 96話 ロマン。

(ちゃんと金をかけているって感じだな……)

 これだけ『金で磨き抜かれた空間』にいながら、
 『下品さ』は微塵も感じなかった。

(死ぬほど働いて稼いだ自分の金で療養しにきているのであれば……素直かつ無邪気に、この凄さに圧倒されていたんだろうが……)

 『はぁ』と、無意識のうちに、深いタメ息がこぼれた。

 『施(ほどこ)し』を受けるのが大嫌いなセンは、
 現状、『不安定な居心地の悪さ』に包まれていた。

 この空間自体に問題は何もない。
 単純に、センの『考え方』の問題。

「まずは、こちらに着替えていただけますか?」

 手渡されたのは、
 膝下ぐらいまである半ズボンタイプの水着。

「当店では、施設のほとんどを、水着の状態でご利用いただけます。プール、サウナ、温泉、エステ、ボディケア、岩盤浴、テラス、レストラン、カフェ、美容室。もちろん、お申し付けいただければ、即座に、上着も用意させていただきます」

「……そりゃ、どうも」


 ★


 着替えを終え、
 ロッカーに荷物をしまい終えたセンは、
 田畑さんの案内で、
 温泉へと足を運んだ。

 ガラス張りの扉を開けると、
 開放的で広大な空間が広がっていた。

 複数のジェットバス、露天風呂、ヒノキの湯、ツボ湯、滝湯、
 20種類近くのバリエーション豊かな温泉。
 サウナは五種類。
 水風呂は7種類。

(……貸し切りか……いや、うん……まあ、もちろん、不特定多数の『オッサンの裸体』なんざ見たくないから、この状態は望むところなんだが……)

 静かで、豊かで、独りで、
 だから、この『状態そのもの』に文句はないが、

(これだけ広い場所を、むりやり、一人で利用している、という現状は……なんというか、居心地が悪いな……)

 『人の出入りが少ない時間帯に利用したことにより、偶然、貸し切り状態になった』というのであれば、そこそこテンションが上がるのだが、
 『これだけ広い空間を、むりやり、借り切りにしている』、というのは、妙な『成金感』を覚えてしまうので、軽く不愉快な気持ちになる、
 ……という、『センエース特有』と言ってもいい、謎感覚。

 センはタメ息をつきながら、
 しかし、水着のまま、ただ突っ立っているのもアレなので、

「……ふぅ……」

 近くの浴槽に肩までつかる。
 体がジンワリと暖かくなる。

「……綺麗な空だ……」

 窓の外に広がっている空は、
 雲一つない快晴だった。

(……このまま何も起こらなければいいが……)

 そんなことを想いながら目を閉じて、
 体中を包む暖かさを感じていると、

 扉の開く音が耳に届いた。

 ――センは、これまでの人生で、何度か銭湯を利用したことがある。
 ゆえに、『浴室内をスタッフが出入りする』という点にも慣れている。

 だから、特に気にせず、
 目を閉じたまま、暖かさを感じていると、



「こうしてみてみると、筋肉とかは、普通なんやなぁ。というか、ジブン、結構なヒョロガリやなぁ」



 背後から、そんな声が聞こえて、
 センは、

「……えぇ……うそぉん……」

 心底しんどそうな顔で、
 振り返って、声の主を確認すると、
 そこには、当たり前のように、
 水着姿のトコが立っていた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く