『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

93話 やっときたかい、エースガールズ。

 93話 やっときたかい、エースガールズ。

「なんだか、今のマナてぃんのセリフ、『私の彼氏をイジめないで』みたいな感じで聞こえたにゃぁ……」

 そんなツミカの『牽制マシマシの攻め』に対し、
 黒木は、心底鬱陶しそうな顔で、

「エゲつない誤解ですね。まず、閃さんは、私の彼氏ではないですし、仮に、私に彼氏がいたとした場合、イジめている相手に『イジめないで』と頼むのではなく、その彼氏に対し、『10倍にしてイジめ返せ』とはっぱをかけます」

 黒木の発言を受けて、センが、渋い顔で、

「いや、わざわざ、イジめ返させなくてもいいだろ……茶柱が大概すぎるから、なかなか気づきにくいが、お前はお前で、なかなかヤバい女だな……」

「私、弱い男は嫌いですので」

 その黒木の発言に対し、
 茶柱が、また、

「その発言……裏返すと『強い男が好き』とも聞こえるにゃぁ……『間違いなく世界最強』のセンセーに告白している……ともとれるにゃ」

「……むりやり、私を、エースガールズにしようとしないでください。私は、そこらのエースガールズとは違い、彼のことを、いつだって、フラットな目線で見ていますよ」

「ちょっと、待って。……え、なに、その『脳が爆発しそうになるワード』……まるで『存在する単語』のように、軽やかな使い方をしているけど……まさか、実在するわけじゃないよね? 茶柱に対するカウンターの小ボケに過ぎないよね?」

「私が知る限り、ウチの学校だけで、150人ぐらいはエースガールズがいますよ」

「へぶはぁっ!」

 あまりの絶望に、つい、
 『脳天を打ち抜かれたようなリアクション』をするセン。

 しかし、『諦めません、独りになるまでは』をモットーにしているセンは、
 ヘシ折れそうになる心を、精神力で必死にとどめて、

「ま、マジか……『センエースをボコりたいガールたち』が、そんなにいるとは、驚きだ……学校、やめたいな……俺、普通にイジめられてんじゃん。かなしいねぇ」

「奇妙な現実逃避に走らないでください。言うまでもありませんが、エースガールズは、あなたの女性ファンの通称です」

「そんなもんがいてたまるか! みろ、この顔面を! 『ふいに、電源切れている液晶に、自分の顔が映った時、吐きそうになる』――そういうレベルだぞ! ファンなんかいてたまるか! 女の理想と欲望をナメんな!」

 そこで、黒木は、スマホで、ササっとネット検索をはじめ、

「……もちろん、私は、あなたの顔をカッコいいとは思いませんが……けれど、どうやら、その顔をカッコいいと思う人も、中にはいるようですね。エースガールズの大半は、あなたの強さや優良物件ぶりに惹かれているようですが、2割くらいは、あなたのことを普通にカッコいいと思っているようです……ま、タデくうムシも好き好きというヤツでしょうね」

「え、あの……つかぬことをお伺いしますが、今の統計データは、何を見ながらおっしゃっているのでしょう?」

「エースガールズの公式ファンサイトですが、なにか?」

「なにか? じゃねぇよ! はぁ?! なに、それ?!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く