『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

92話 綿棒の使い方。

 92話 綿棒の使い方。

(……まさか、ループしても、記憶の一部は残るのか? ……まあ、そういう現象は、ループモノのアニメや漫画だと、お約束ではあるが……)

 センが頭を回転させていると、
 そこで、紅院美麗が、

「私も、不思議と、疑う気になれなかった。『だいぶ昔に見た映画』のあらすじを聞かされた時のような……というと、また少し違うかもしれないが、けれど、まあ、とにもかくにも、素直に受け入れることができた」

 続けて、かぶせるように、
 茶柱罪華が、

「ツミカさんも、『ツミカさんと付き合いたいあまり、センセーが、十時間耐久の土下寝までかましてみせた』という話を聞いた時、純粋に『だろうな』と思ったにゃ」

 と、『ボケ顔』でそう言ったのに対し、
 トコが、

「エグい妄想を垂れ流すな、ボケ! オジキは、一言も、そんなことは言うとらんかったやろ!」

 ちなみに、言うまでもないが、
 紅院正義に、タイムリープについて語った際、
 『彼女たちとの、男女的な意味での関係性』について、
 センは、徹底して省略した。

 なんだったら『人間的に軽く嫌われていた』みたいな感じで、
 『逆盛り』を施したうえで話したぐらいである。

 ゆえに、当然、今の彼女たちが、
 『一周目の時、茶柱罪華が、なし崩し的に【センの彼女らしきポジション】におさまっていた』
 ということなど、知るはずがない。

(茶柱の、潜在的な『鋭角すぎる中ボケ』が、たまたまハマっただけか……それとも、あいつ、もしかして、『一部の記憶』が残っているだけではなく、もっと具体的に何かを覚えて……)

 トコとミレーは『正義から聞いた話を信じた』というだけだが、
 ツミカは『それ以外にもいくつか覚えているのではないか』、
 という疑問を抱くセン。

(可能性としてありえるのは……『寿命と引き換えに願いが微妙に叶う』とかいう『例の何かしら』を使って、記憶の一部を取り戻した、みたいな……)

 などと、考えていると、
 そこで、ツミカが、

「妄想なんかじゃないにゃ! センセーは、いつだって、ツミカさんにメロメロで、今だって、正面に座っているのをいいことに、隙あらば、ツミカさんのパンツを覗き見ようと、目を光らせているにゃ」

 その『ウザさが暴走している発言』に対し、
 センは深いタメ息をつきつつ、

「……うん、あの、もう、俺のことを、『お前のパンツを見たがっている変態』ということにしてくれていいから、ちょっと黙ってくれない?」

 『相手にしない』という大人な対応をとるセンに、
 罪華は、たたみかけるように、

「変態にゃぁ! ここに、美少女のパンツをはぎとって、お尻に綿棒をぶちこもうとしている、とんでもないド変態がいるにゃ! おまわりさーん!!」

「……反論したら、倍になって返ってくるだろうと思い、恥を忍んで『言いがかり』を受け入れたら、五倍になって返ってきた……なんだ、このガード不能の地獄……誰か、助けて……」

 と、そこで、それまで静観していた黒木が、

「ツミカさん、閃さんが、吐きそうな顔をしています。さすがに、その辺で勘弁してあげてください。あまりにも可哀そうで見ていられません」

「ん~?」

 黒木の発言に対し、
 ツミカは、黒目をギュっと縮めた三白眼になり、

「なんだか、今のマナてぃんのセリフ、『私の彼氏をイジめないで』みたいな感じで聞こえたにゃぁ……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く