『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

90話 逃げちゃダメだ。

 90話 逃げちゃダメだ。

 そのバスは、ほとんど、巨大リムジンと言っても差し支えない様相をしていた。
 冗談みたいに縦長で、ピッカピカの黒塗り。
 とにもかくにも、ひたすら豪華で煌びやか。

 『札束にタイヤをつけて走らせている』と言っても過言ではない、
 『パリピな高級感』という概念を具現化したかのような、
 庶民の心情を置き去りにしているストロングスタイル。

(……これに乗るのは、吐くほどハズいな……)

 表情筋がゲニャリと歪んだ。
 正直、このまま、瞬間移動で、
 どこか遠くへ消え去りたかったが、
 しかし、

(……ここで逃げたら、絶対に舞うよなぁ……)

 別に何の確証もないが、
 しかし、これまでの経験から、
 『ここで逃げる』という選択肢をとった場合の『結果』が目にうつるようだった。

「逃げちゃダメだ……逃げちゃダメだ……逃げちゃダメだ……」

 つい、脳死でテンプレを口ずさんでしまうほど、
 センの心は、目の前のパリピ感に圧倒されていた。

 ★

 ――走り始めてしまえば、
 『快適さ』以外の感情を、センは見失った。

(さすがは『高級という概念の具現化』……なんというか、救われているかのような乗り心地……信号にすら邪魔されず、どこまでも自由で……)

 一度も信号に捕まることがなかったのは、
 決して偶然ではなく、300人委員会が無茶を通した結果。

 そのことに、センは、薄々気づきつつも、
 『ま、いいか』とテキトーに流した。

 快適さに身を任せ、センは、

(……静かで、豊かで……これで『独り』だったら、完璧だったのに……)

 心の中でそうつぶやきながら、
 周囲を見渡す。

 右隣には薬宮トコ、
 左隣には紅院美麗、
 正面には茶柱罪華。
 
 両手に華どころか、華の三刀流。

 ※ ちなみに、黒木愛美は、席一つ分離れたところに座っている。

 ――車の駆動音は、
 まるで、三千世界のカラスを殺したかのごとく、
 凶悪に静かだというのに、
 車内は、美少女たちの姦(かしま)しさで一杯だった。

 えげつない居心地の悪さを感じながら、
 センは、流れていく窓の外を眺める。

(シャガールみたいな空だ……)

 などと、ガラに合っていない『ずいぶん小癪(こしゃく)な戯言』をつぶやいていると、


「オジキから、大方の話は聞かせてもろた」


 隣に陣取っているトコが、
 そんなふうに声をかけてきた。

 セン的には、かなり唐突に声をかけられた感じだが、
 トコの視点でいうと、
 だいぶ、長尺で『機』をうかがった上での、
 『意』を決してからの切り込み。

「色々と言いたいことはあるんやけど……なにはともかく、まずは、ありがとう。世界のために地獄を駆けずり回ってくれて」

 その言葉に対し、
 センは、数秒かけて、『想い』を整えてから、

「――世界のためじゃない」

 『混じりっけなしの本音』を口にした。
 ごまかしている部分がゼロとは言えないものの、
 しかし、パッケージ単位で見た場合は嘘偽りない本音。

「ほな、なんのため?」

 小首をかしげて、そう尋ねてくるトコに、
 センは、まっすぐな瞳を向けて、

「なんのためでもない。一時のテンションに身を任せたら、ご覧の有様になった……すべてはそれだけの話だ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く