『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

89話 別に『祭り』が嫌いなわけじゃないんだからねっ。

 89話 別に『祭り』が嫌いなわけじゃないんだからねっ。

「なんでもいい。礼をさせてもらいたい」

「……じゃあ、一つだけ、お願いがある」

「聞かせてくれ。よっぽどの『無茶な願い』であったとしても、できる限り、叶えさせてもらう。娘との婚姻であったとしても認めよう。正直、『娘の結婚』を私が『心から認める日』は永遠に訪れないものと思っていたが……君が相手ならば、素直に認められる。いや、さすがにそれは嘘だな。100%素直に認めることは出来ない。だが――」

「落ち着け、オッサン。誰も、そんな話はしてねぇ。あんたの娘が『飛び切り魅力的』である、という点に関しては、俺も、まあ、認めるにやぶさかではないから、将来的に、俺が『ソレを望む可能性』が『絶対にゼロ』だとは言わないが……しかし、今の俺が、あんたに望むものは、そういうことじゃねぇ」

「……ふむ。となると、君の願いとは?」

「俺に『何か』を求めるな。さっきも言ったが、俺は常に孤高。社会の外側で、世の喧噪を眺めながら、静かに、豊かに、自由に、自分と向き合っていたい。『喧噪(けんそう)の中心』に引きずり込まれるのはごめんだ。というわけで、今後、俺の事は無視してくれ」

 『祭り』が開催された際、家の窓からその風景をチラリと眺めたいとは思う。
 楽しそうな雰囲気や、全体としての幸福感を感じていたいとは思う。
 しかし、『祭り』の中心で『神輿に担がれたい』とは、毛ほども思わない。

 ――そんなセンの心情が、
 紅院正義には、20%ぐらい、理解できた。
 どうあがいても『センを完全理解する』のは不可能だが、
 紅院正義も、だいぶ『喧(やかま)しい人生』を送ってきたので、
 『豊かな静けさ』を求めるセンの気持ちが、
 五分の一ぐらいは、どうにか理解することができたのである。

 だから、

「――君の価値を考えると、なかなか難しい願いだが、当然、むげにすることはできない。全力で前向きに善処すると約束しよう」

 まっすぐな目で、そう応えた。


 ★


 ――翌日も『まともな朝』が訪れた。
 幻爆は舞わず、
 世界は終わっていない。


(これは、もしかして、乗り越えた……のか?)


 まだ確定ではないが、
 しかし、こう、続けて『平穏な朝』を迎えると、
 『地獄は終わったのだ』と、心の奥底が、
 無邪気な喜びに呆けてしまう。

 理性と感情は、いつだって乖離(かいり)している。
 『人の愚かさ』とは、その『隙間』に付け込んでくるもの。

 ――しかし、その隙間こそが、
 ある種の『人らしさ』そのものでもあるため、

 『捨ててしまうのは、どうかなぁ』
 などとも、どこかで思ってしまうものなのである。


(何も起こらないでくれ……もう、地獄はたくさんだ……このまま何も起こらないでくれ……)


 『その願い』が届くかどうかは微妙なところだが、
 とにもかくにも、『今日という一日』は静かに始まった。

 穏やかな朝日が降り注ぐ。
 雲一つない快晴。

 ――ちなみに今日は、
 主体性遠足の日。

 K5の面々とオメガタワーへと遠足に向かう、特別な日。

「……何も起こりませんように……」

 いったい何度祈ったかわからない願いを、
 改めて、シッカリと、世界に刻みつつ、

 センは、遠足へと向かった。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く