『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

88話 誰だって、多少は、窮屈な生き方をしているもの。

 88話 誰だって、多少は、窮屈な生き方をしているもの。

「俺は、この一週間を何度もループしている。その間に、俺は、あんたの娘を毎回と言っていいほど救っていて、だから、何度か、礼を言われている。よって、もう言わなくていい」

「……ほう」

 そこで、センは、自分の状況を、淡々と語っていく。
 ただ、『まだ世界が終わる可能性は残っている』という部分は濁して、
 『世界の終わりを回避した』という結論を軸にした解説に終始した。

 センの話を聞いた紅院は、

「にわかには信じがたい話だ……しかし、もし、すべてが事実だった場合、君には感謝してもしきれない。世界のために奔走してくれたこと、心から感謝する」

「感謝はいらないと言っている。俺は俺のために走っただけだ。俺は孤高に徹しているが、しかし、それは『誰もいない世界で生きていたい』というわけじゃない。『成立した社会』を、静かな場所から俯瞰で見つめながら、とことん自分と向き合っていたい……みたいな感じだ。わかるか?」

「ああ、少しだけ」

「…………マジでか」

 共感が得られるとは思っていなかったので、
 普通にビックリしてしまったセン。

 紅院正義は、『ここではないどこか』を見つめながら、

「君の想いを100%理解するのは難しそうだが、『近しい心理状態』に囚われたことは、これまでの騒がしい人生の中で、何度かある……『囚われた』という表現にすると、君的には不快に感じるかもしれないが――」

「別にそうは思わねぇ。というか、むしろ、俺はいつだって、『自分自身のワガママ』に『囚われている』と認識して生きている。『もっと楽に生きられたら、どれだけよかっただろう』と、常々思いながら、自分自身という檻(おり)と向き合い続けている」

「窮屈な生き方だな」

「まったくだ」

 さほど意味があったとも思えない、
 『他愛もない会話』のあと、

 紅院以外の主要メンバーから、
 いくつか、質問を受けた。

 今回のルートでは、ナバイアから『妙なイキり』を散らかされることはなかった。
 前提が違えば、当然、相手の行動も変動する。

 センが、全ての質問に対し、つつがなく応えた直後、

 紅院正義が、


「君の『世界終焉にまつわる発言』を、100%鵜呑みにする、というのは、心情的にも立場的にも、なかなか難しいものがある。が、君が『破格の力』を有していて、それを『世界を守るために使った』という点に関しては、疑いようのない事実だと認識する」

 そんな風に、前を置いてから、

「よって、君には、言葉だけではなく、目に見える形で、何か報酬を受け取ってもらいたいと思っている。これは、私の……私たちの『君に対して何もしないのは気がすまない』という、きわめて人間的なワガママだ。君の性格上、拒絶の意を示すであろうことは想像に難くないのだが……しかし、どうか、私たちのワガママを受け入れてもらいたい」

「……」

「なんでもいい。礼をさせてもらいたい。君も一人の人間であるのなら、この気持ち、わからないでもないだろう?」

 そんな紅院正義のワガママを受けて、
 センは、

「……じゃあ、一つだけ、お願いがある」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く